2018
12.29

ヤンゴンのお洒落ノマドカフェ、Café Salween(ミャンマー)

Cafe Salween Yangon

友人に教えてもらったヤンゴンのカフェ、Café Salween を訪れたところ溢れんばかりのノマド外国人の姿にビックリ!内装もモダンで、ブルックリンのサードウェーブカフェと言われたら信じてしまいそうです(笑

Café Salween

【住所】 Urban Asia Center, Maha Bandula Rd. (Between 47th & 48th St.) Yangon, MYANMAR
【営業時間】 午前8時~午後8時
【TEL】 +95   9 42583 0657
【URL】 www.facebook.com/cafe.salween/

一人で過ごすミャンマーの週末は Bogalay Zay St. にある Pansuriya あたりでモヒンガーとコーヒーを楽しむことが多いのですが、友人曰く「ノマドの巣窟のようなカフェを見つけた(原文ママ)」と聞いて出掛けてみました。目指す Café Salween は空き店舗の目立つうらぶれたアーケードの奥にあり、決してフラリと前を通りがかることは無いロケーションですが…ほぼ満席という賑わいでした。多数のコンセントが用意され、無料のWi-Fiも飛び、パソコン持込みで長居しやすい雰囲気。実際に半分以上のお客さんがマックを広げていました。

Cafe Salween Yangon

メニューに掲載されたオリジナルドリンクはいずれも凝ったレシピで興味深い。
すべて4,500チャット(2.9 USD)なので観光客や外国人の在住者にとっては決して高くは無いでしょう。もちろんコーヒーのメニューも充実しており、マシンで淹れたエスプレッソ系ドリンクが2,200~4,000チャット、サイフォンやフレンチプレスなどで淹れていただくと4,000~7,000チャットとなっていました。

Cafe Salween Yangon

Cafe Salween Yangon

今回は食後に来たので飲み物だけ頼みましたが、いずれフードメニューにも挑戦したいと思います。
ちなみにKitagawaはあまりノマドというスタイルに良い印象を持っていません。ノートPCを広げるのはホテルや空港のラウンジまでであり、休日にカフェのような場所でまで画面とにらめっこしながらキーボードやマウスをカチャカチャやるような生活は勘弁願いたいですね。

Cafe Salween Yangon

プロフィール
Kitagawa

Kitagawa
南国のアイランドリゾートから地球の果ての辺境まで、4か国語の会話力を駆使して2008年から2020年までに100か国以上を旅しました!飛行機の搭乗歴は1000回を超え、2012年にはFAA(アメリカ連邦航空局)のパイロットライセンスも取得。バンコク在住。
当ブログでは今まで訪れた旅先から、写真を15824枚と心に残った体験を1020件公開しています。(2020.09.24)

2018年, '18 ミャンマー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA