2020
05.26
Miracle Lounge ミラクルラウンジ

ミラクルラウンジ Miracle Lounge (スワンナプーム国際空港)

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に出来た ミラクルラウンジ Miracle Lounge をご紹介します。ターミナルの真ん中にあって分かりやすく、綺麗なシャワールームも併設しており利便性の高いラウンジの一つ。ここは有料またはプライオリティパスでも使えます。

場所・行き方・営業時間

スワンナプーム空港でセキュリティチェックとイミグレーションを抜けたところがコンコースD、そのままエスカレーターで一つ降りた3階に位置します。ビジネスクラスラウンジの入り口はD5ゲート付近で、24時間オープン です。

ミラクルラウンジ バンコク

トランジットホテルを運営する Miracle Group による空港ラウンジです。
スワンナプーム空港ではコンコースA、C、F、Gにもラウンジを開設しており、バンコクによく来る方なら Louis' Tavern の名称で覚えている方も多いのではないでしょうか?そのうち数か所を以前 ルイスターバンCIPラウンジ のページで話題にしましたが、現在はそれぞれ Miracle Lounge にリブランドされています。

miracle lounge suvarnabhumi airport

入室資格・利用料金

主に自社でラウンジを持っていない航空会社のビジネスクラス・ファーストクラスへ搭乗の際にミラクルラウンジが案内されます。典型的な例として、バンコクからANAのビジネスクラスに搭乗の際はミラクルラウンジに入れるインビテーションを渡されます。スターアライアンスなのでTGやBRの表記もあり、Fコンにある エバー航空ラウンジ も良い選択肢です。

ANAビジネスクラス

少し珍しいシチュエーションとしては、JALのビジネスクラスを利用した時にチェックインカウンターにて「現在サクララウンジが大変混み合っており満席でご迷惑をおかけする可能性が高い」との理由でこちらのミラクルラウンジを提案されたこともあり、以下のようなインビテーションを発行してもらいました。

ミラクルラウンジ 入室資格とインビテーション

その他、プライオリティパス Priority Pass の会員や、エコノミークラスへの搭乗であってもスターアライアンスなどFFPのステータスで入れる場合もあります。また、誰でも 有料での利用 が可能で、料金は 1名1,000バーツ(2時間、2017年現在)となっています。

ミラクルラウンジ
Miracle Lounge

Dコンのミラクルラウンジ、ビジネスクラス側の様子。
入って左手がダイニングで、右手にもお席と屋外の喫煙スペースへの出入口がありました。開業から数年が経ちましたので写真を撮り直しています。良くメンテナンスされており2020年現在もミラクルラウンジの内装に大きな変化はありません。

ミラクルラウンジ

ダイニング

Miracle Lounge

スワンナプーム空港ミラクルラウンジ

バンコク プライオリティパス ラウンジ

2017年4月に完成した時の写真も以下に数枚掲載します。
オープン直後はレジストレーションを担当してくれたスタッフがお席までエスコートしてくれて、簡単なレイアウトの説明やダイニングの担当者への引継ぎもしてもらえたり。

Miracle Lounge Bangkok

Miracle Lounge Bangkok Suvarnabhumi

ミラクルラウンジ バンコク

ダイニング

夜行便で離陸後の食事が無いフライトの際はここで簡単な夕食を済ませることにしています。オープンキッチンになっていて、ホットミールが3種類あり、注文を受けてからお皿に盛り付けてくれます。さらに2017年の開業当初はお席まで運んでくれるなどエアラインのビジネスクラスラウンジよりサービスにひと手間をかけていました。

ミラクルラウンジ スワンナプーム空港

もち米にローストチキンを乗せたもの、カオマンガイをいただいてみました。
スープ、サラダ、フルーツはセルフサービスで。もちろんビールやスピリッツなどのお酒も用意されており無料です。

Miracle Lounge

2019年以降のダイニングは基本的にセルフサービスとなっていますが、頼んでからサーブしてくれる3種類のメニューは健在。ただし早朝はオープンキッチンが閉まっており作り置きのバッフェのみです。

飲み物

食べ物

食事

シャワー

ラウンジ内にはシャワールームもあり、個室は余裕のあるサイズ。清掃も行き届き、これは リノベーションされたばかりのサクララウンジ より快適かも知れません。順番待ちのレギュレーションが定まっていなかったりドライヤーが無いなど Louis' Tavern と変わらぬ適当っぷりも散見されます。

シャワールーム

シャンプーやボディソープはポンプ式ですが、アメニティはきちんと箱に収められていました。最近はここでシャワーを使っていないので、設備やアメニティが変わっている可能性もあります。

アメニティ

まとめ

席がゆったり配置されている割に、座れないほどの混雑は経験したことがありません。ただし長く歩かされることが多い空港なので、ここでゆっくり過ごすより搭乗ゲート付近のラウンジを使った方が安心でしょう。時間に余裕があって先に食事を済ませたい時や、広めのシャワーを使いたい時に上手く活用してみてください。スワンナプーム空港は毎月のように利用していますが、ショートホールの国際線で搭乗ゲートが直前まで決まらない場合はコンコースの中央にあるミラクルラウンジが便利です。

更新履歴

2017年09月23日 作成
2020年05月26日 文章の追加・修正、写真9枚を追加

プロフィール
Kitagawa

Kitagawa
南国のアイランドリゾートから地球の果ての辺境まで、4か国語の会話力を駆使して2008年から2020年までに100か国以上を旅しました!飛行機の搭乗歴は1000回を超え、2012年にはFAA(アメリカ連邦航空局)のパイロットライセンスも取得。バンコク在住。
当ブログでは今まで訪れた旅先から、写真を15795枚と心に残った体験を1018件公開しています。(2020.09.21)

2020年, 2019年, 2018年, 2017年, '17 タイ, '18 タイ, '19 タイ, '20 タイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA