外灘の洋館建築群と夜景 (中国・上海)

2014年, '14 中国 Add comments

上海 外灘 夜景

Kitagawa@Shanghaiです、ノンホウ!
今日は 外灘(ワイタン)にある洋館建築群を一挙掲載。19世紀末~20世紀初頭に建てられた租界建築は上海を代表する見どころで、英語では バンド The Bund と言われます。今年はとりあえず夜のライトアップを攻めてみました。

外灘 ライトアップ

上の写真は黄浦江の対岸、浦東(プートン)から見た外灘の様子。全長およそ1キロに渡って、租界時代の西洋建築の建物が並んでいます。2014年9月の訪問時、午後7時ちょうどに電照が点灯されていました。

外灘 プロムナード

なお、租界 とは1842年の南京条約にもとづいて設定された中国の主権が及ばない外国人居住区のことです。貿易や金融の中心として栄え、特に1920~30年代に多くの建物が作られました。租界は1943年に無くなりましたが、当時の建物が今もそのまま残っています。ここでは僕の目を惹いた洋館を南から順に掲載してみます。

外灘6号

まず目についたメルヘンチックな外観のこちらは外灘6号。1897年築の旧中国通商銀行で、外灘で最も古い建物です。ワイタン~号って名前の建物がいくつかありますが、これらは中を見学できるそうです。

外灘6号

バンコク銀行

お隣に建つレゴっぽい外観のこちらは、1907年築。
鳥のモニュメントはどこかで見たことがあると思ったら、当座取引のあるバンコク銀行でした。

バンコク銀行

招商局

さらにお隣、この小さな建物は1901年築の招商局。
左後ろに見えている光り輝く王冠が載ったビルは泊まっている ウェスティン外灘センター上海ホテル です。

招商局

上海浦東発展銀行

一際大きな建物は上海浦東発展銀行。中央にドームを持ち、堂々たる佇まいです。
1923年築で、以前は上海政府庁舎として使われていたそうです。

上海浦東発展銀行

上海海関

時計台が目立つこちらの建物は1927年築の税関で、今でも税関だそうです。
15分おきに時計台の鐘の音が聞こえてきます。

上海海関

和平飯店

上海の目抜き通り、南京東路の入り口に建つのは和平飯店。
左端の建物が1923年築の南桜、写真中央が1929年築の北桜で、現在はフェアモントピースホテルとして営業しています。

和平飯店

外灘の夜景

改めて、バンドの全景を。
対岸の浦東にある 東方明珠塔 の展望台から撮影したものです。

外灘 夜景

この一帯は上海万博に合わせて2010年に再開発が行なわれ、黄浦江に沿ってプロムナードが整備されています。夜遅くまで大勢の人で賑わっており、安心して散策できました。プロムナードは外灘だけでなく対岸の浦東の絶景が望めますので、ぜひライトアップされる夜に訪れてみてください。

上海 外灘 夜景

今回は一眼レフを忘れて来てしまい、コンパクトカメラで撮影しました。絞り解放、シャッター速度は1/30~1/8のマニュアル露出です。日中の建物の様子は、次回の上海旅行の際に改めて見学しようと思います。

“外灘の洋館建築群と夜景 (中国・上海)”へのコメントが 5件あります

  1. 東人 Says:

    コンデジとは思えない質感ですね。なにをお使いですか?
    自分は NIKONのCOOLPIX P310
    去年、型番オチの現品限りを1万円ちょっとで買いました。日本はランチとカメラは安いですね。

  2. kitagawa Says:

    こんばんは!ここ3台続けてCanonのS110を使ってますが、もう型落ちです。
    (今のところキヤノンで防水ハウジングが出ているコンデジの最終機種)
    簡単に綺麗な写真が撮れるのは一眼レフなんですけどね、ついついコンデジで撮っちゃうことが多く。夜景や室内は、設定を追い込むのに苦労します。

  3. ながろう Says:

    Kitagawaさま

    おはようございます!
    ヨーロッパかと思うような場所ですね。
    上海にこんな素敵な場所があるなんて!

    しかもこのクオリティの写真がコンデジで撮れるんですか!!
    私は初めての海外旅行前に買った
    パナソニックのLUMIXを未だに使っています。

    仕事で使う動画のカメラのように露出とかいじくれないので
    夜景を撮影するときはかなりストレスです。

    シャッター速度が1/30~1/8とのことですが三脚使用ですか?

  4. kitagawa Says:

    ながろうさん、おはようございます。

    なんかごついカメラで写真を撮っているように勘違いされること多いんですが、割とちゃちなカメラばかり使ってます。
    というのも、ここ1年だけでもモルディブでは水没させ、日本では振り回していたら飛んで行っちゃい、コロンビアでは強盗に奪われ、高価なカメラはとてもとても…(笑

    観光の時は手ぶらを好んでいるため、夜景も三脚は使わずにテキトーにその辺の柱や石垣を利用して手ブレを抑えて撮っています。僕は快適な観光をすることの方が重要なので、綺麗な写真を撮るために三脚担いでいる人は凄いなぁと尊敬しちゃいます。ちなみに本文ではスルーしてますが、途中で写真を撮ることに飽きちゃって漢口路~南京東路の建物が6軒ほど漏れているのは秘密です。

    コンデジだとやっぱり夜景の撮影は難しいので、今回は念のため露出補正で+2/3と-2/3も撮っています。
    これはオートブラケティングを設定しておくとカメラが勝手に撮ってくれますので、コンデジのお仕着せの露出がいまいち信用できない場合は便利です!確かLUMIXにも付いていたハズ。

  5. ながろう Says:

    Kitagawaさま

    こんばんは!
    カメラ調べたら オートブラケティングついてました。
    早速使ってみます☆

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン