ギリシャ アテネ国際空港 ラウンジ

2016年, '16 ギリシャ Add comments

ギリシャ アテネ国際空港 ATH ラウンジ スターアライアンス プライオリティパス

アテネ国際空港(ATH)にあるビジネスクラスラウンジを利用しました。
ギリシャのアテネ空港にはスターアライアンス・ワンワールド・スカイチームおよびプライオリティパスのステータスで入室できるラウンジが揃っていますが、いずれも内容は地味と言えましょう。

アテネ国際空港 Athens International Airport

アテネの エレフテリオス・ヴェニゼロス・エアポート Διεθνής Αερολιμένας Αθηνών は市内から35kmほどの距離。空港から市内まで鉄道がありますし、空港バスやタクシーは24時間運行しています。ただしギリシャの国内線は朝とんでもない時間帯のフライトもありますからね、早朝便に乗るならターミナル真正面にある ソフィテル アテネエアポートホテル に宿泊すると安心です。

アテネ国際空港 ATH

2016年9月現在、チェックインカウンターの改修工事が始まっています。
この日はスターアライアンスの国際線 ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)ビジネスクラス でトルコのイスタンブールまで向かうところ。チェックインの際、CIP LOUNGE と書かれたクーポンを貰えました。

トルコ航空ビジネスクラス

アテネ空港のボーディングブリッジはAコンコースとBコンコースに分かれています。
出発ロビー右手がイミグレのある 国際線(非シェンゲン圏) のAコンコース、左手が ギリシャ国内線ヨーロッパのシェンゲン域内 行きのBコンコースです。ギリシャはEUのシェンゲン協定に加盟しているのでシェンゲン域内のフライトは国内線扱いとなります。

国際線ラウンジ
 Skyserv Aristotle Onassis Lounge

非シェンゲン圏へ向かう国際線のビジネスクラスラウンジはA9ゲート付近にあります。
ここは以前、オリンピック航空の Olympic Airlines Aristotle Onassis Lounge という名称でした。現在はグランドサービスのSkyservによる運営に変わっていますが内装は以前のものを引き継いでいました。営業時間は曜日によって変わるようで、この日は早朝3時~深夜1時のオープンと長めでした。

アテネ空港 ラウンジ ワンワールド

今回搭乗する スターアライアンス のターキッシュエアラインズ(トルコ航空)をはじめ、シンガポール航空、エアーチャイナ(中国国際航空)、エジプト航空、ワンワールド のブリティッシュエアウェイズ、スカイチーム のアエロフロートのほか、エミレーツ航空、エルアル航空、ウクライナ国際航空、エアセルビア、ガルフエア、リビアアラブ航空のビジネスクラスラウンジを請負っていました。

アテネ国際空港 ビジネスクラスラウンジ

アテネ空港 ラウンジ

ギリシャ 空港 ラウンジ

夜遅いせいか僕らのほかにお客さんはお一人のみ。という訳で写真をしっかり残せました。
飲み物や軽食はセルフサービスでアルコール飲料もあり。ギリシャではMythosを好んで飲みますがここではAlfaの缶ビールをいただきました。

アテネ空港 ラウンジ プライオリティパス

ビジネスコーナーもありプリンタの使用も可能。Wi-Fiパスワードは受付で貰う方式です。
シャワーの設備はありません。

アテネ国際空港 ラウンジ

ここ Skyserv Aristotle Onassis Loungeプライオリティパス でも入室できます。
カタール航空など一部の航空会社はA13ゲート付近にある Swissport Executive Lounge が案内されます。

エーゲ航空スターアライアンスラウンジ
 Aegean Business Lounge

ギリシャ国内線やヨーロッパのシェンゲン域内のフライトの場合はBコンコースのラウンジを利用します。
どういう訳かラウンジは一列に並んでおり、しかもすべてのラウンジがセキュリティチェックの手前にあるので搭乗直前までノンビリする余裕はありません。Bコンの通路は一部、迷路のように効率の悪い動線になっているので時間にも注意が必要ですね…食べ物やサービスは国際線ラウンジと大差無しと考えてOKです。

アテネ空港 エーゲ航空スターアライアンスラウンジ

こちらはエーゲ航空による運営で、営業時間は午前4時~午後11時。
スターアライアンス の各社のビジネスクラスラウンジとなっています。もちろんスタアラゴールドのステータスでも入れますが、プライオリティパスによる入室はできません。エーゲ航空ラウンジのお隣には ルフトハンザ航空スターアライアンス・ビジネスクラスラウンジ もあります。

その他の航空会社の場合、例えば ワンワールド のフィンエアーやイベリア航空はB9ゲート付近の Skyserv Melina Merkouri Loungeスカイチーム のエールフランス航空やKLMオランダ航空はB13ゲート付近の Goldair Handling CIP Lounge が案内され、プライオリティパス で入れるのもこれらのラウンジです。

まとめ

今年はアテネ国際空港を5回続けて利用しました。ラウンジは全体的にしょぼいので期待は禁物です。
チェックインカウンターの上の階にカジュアルなレストランが一か所あり、サービスは適当ですが空港内では唯一まともな食事をいただけます。

アテネ国際空港 レストラン

制限エリアではAコンコースにカフェが営業中。
狭いアテネのラウンジで過ごすより意外に快適かもしれませんね。

アテネ空港 国際線 Aコンコース

余談ですが、チェックインカウンターの上の階には24時間オープンのマクドナルドもあります。
ここは 空港で徹夜 するという強者の溜り場になっているので早朝便に乗る方はご参考に。横になって寝ていると店員や警備員が起こしに来ますが、相変わらずいたちごっこが毎夜のように繰り広げられているようで、僕も昔一度だけマクドナルドで徹夜したことがあります(笑

マクドナルド

当ブログではエアポートホテルの情報や空港から市内までのアクセスも掲載しています。
詳しくは ソフィテル アテネエアポートホテル の宿泊記をご覧ください。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン