2014
08.28

なまけもの (コスタリカで見た野生動物)

なまけもの コスタリカ

野生動物の宝庫である中米、コスタリカ共和国で出会った生き物の写真・動画を少しずつアップしていきます。まず最初はこちら、ナマケモノです。
ナマケモノはほとんど高い木の上で寝ているので、野生のものを間近に見ることは難しく、とても幸運な体験になりました。なかなか動かないのですが、声をかけたらこっちを見てくれました!

フタユビナマケモノ TWO-TOED SLOTH

名前は聞いたことありましたが、実際に見るのは初めて。ナマケモノには ミユビナマケモノ Three-toed Slothフタユビナマケモノ Two-toed Sloth がいるそうで、これはフタユビナマケモノとのこと。
近くの木の上にいるのに、動かないのでまったく気づきませんでした。もちろん、見つからないように保護色になっているのだとか。動画も少しだけ撮れました、下手なスペイン語でしゃべりかけているのは僕です。(笑

動きがゆっくりで、目がとてもカワイイですね!ぬいぐるみみたい。

ナマケモノはほとんど樹の幹にぶら下がって過ごすそうで、めったに地上には降りてきません。高い木の上のナマケモノをどうやって見たかというと、スカイウォーク Sky Walk という吊り橋の上からガイドさんが発見してくれました。Kitagawaの服装も今日ばかりはナチュラルカラーで。

スカイウォーク コスタリカ

場所はコスタリカ共和国の モンテベルデ自然保護区 Monteverde Cloud Forest Reserve のすぐそば。ここは地上約50メートルの高さに吊り橋をかけたトレッキングコースであり、こうして木の上でひっそり過ごす動植物にアクセスできるのです。モンテベルデのスカイウォークについては、また改めてご紹介しますね。

ナマケモノは中央アメリカから南アメリカにかけての熱帯林に生息しています。中米で野生の個体をこんなに間近に見られるなんて、とてもラッキーでした。でも高さ50mの木の上、さすがに撮影はちょっと怖かったです。

プロフィール
Kitagawa

Kitagawa
南国のアイランドリゾートから地球の果ての辺境まで、4か国語の会話力を駆使して2008年から2020年までに100か国以上を旅しました!飛行機の搭乗歴は1000回を超え、2012年にはFAA(アメリカ連邦航空局)のパイロットライセンスも取得。バンコク在住。
当ブログでは今まで訪れた旅先から、写真を15824枚と心に残った体験を1020件公開しています。(2020.09.28)

2014年, '14 コスタリカ

コメント

  1. kitagawaさま

    Buenas noches!
    このナマケモノはかわいいですね。
    木にぶら下がってぼへーっとしてる写真しか見たことないので
    こんなつぶらな瞳なナマケモノがいるなんて驚きました!

    • kitagawa
    • 2014年 9月 09日

    ながろうさん、こんばんは!
    このスカイウォークなる施設、前半はただ橋を渡っていくだけで「失敗したかな~」なんて思いつつ歩いていたのですが、後半は思いもよらぬ遭遇に恵まれて満足度の高いものになりました。
    目が可愛らしくて本当にびっくり。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA