タイ航空ロイヤルオーキッドスパラウンジで搭乗前にマッサージ!

2016年, 2015年, '15 タイ, '16 タイ, '16 フランス, '16 日本 Add comments

ロイヤルオーキッドスパラウンジ Royal Orchid Spa Lounge

スワンナプーム国際空港(BKK)から出発の際、ロイヤルオーキッド・スパラウンジ Royal Orchid Spa Lounge でマッサージを受けてから飛行機に乗るのがKitagawaの密かな楽しみです。タイ国際航空のファーストクラス・ビジネスクラスに搭乗すれば無料で利用できるサービスの一つ、バンコクからご出発の際はぜひ利用してみてください。

Royal Orchid Spa Lounge

ロイヤルオーキッド・スパラウンジのオープンは午前6時~午後11時30分。
場所はコンコースDにあるTGラウンジの向かい側です。

ロイヤルオーキッド・プレミアムチェックイン の流れではファーストクラスラウンジに直行してしまうので、僕はスパラウンジ前で電動カートから降ろしてもらうようにしています。

ロイヤルオーキッド・スパラウンジ

サービスの内容ですが、ファーストクラスの場合は個室で1時間の全身スパ・トリートメント、または1時間のマッサージを受けることができます。個室のシルクスイートは3室のみで予約はできないので、スパ希望なら3時間以上前には着いておきたいところ。ビジネスクラスの場合は時間が30分となり、リラックスチェアーで「足マッサージ」または「首肩マッサージ」からいずれかの選択となります。

Royal Orchid Spa Lounge

マッサージを受けるリラックスチェアーはこんな感じ。
FとCでエリアが分かれており、下の写真は今年東京に向かう時に利用したファーストクラスパッセンジャー向けスペース。

ロイヤルオーキッド・スパラウンジ

北海道へ行く時にビジネスクラスパッセンジャー向けスペースも写真を撮る機会があったので下に示します。

タイ航空ロイヤルオーキッドスパラウンジ

マッサージの丁寧さはさすがタイ。
僕の経験では力が少し弱めで(もちろん強さはリクエスト可能です)ホテルに入っているスパに近いストロークの長さ、眠気を誘いますね(笑)雰囲気もよくて空港に居ることを忘れてしまいそうです。

スワンナプーム空港タイ航空ラウンジ

ロイヤルオーキッドスパラウンジ内にもソファやテーブルがあり、先日パリに向かう前に初めてこちらに座る機会がありました。今まで素通りばかりでしたが、どうやらビジネスクラスの利用だと時間帯によっては順番待ちが出るようです。席数はFが6、Cが8なので複数名で訪れるなら時間に余裕が必要かもしれません。

ロイヤルオーキッド・スパラウンジ

タイの伝統的なスイーツが置かれていました。
飲み物を尋ねられたのでナーム・カチアップをお願いしてみたところ、訊き返すことも無く出てきたのはさすが。ファーストクラスの利用ならトリートメント後は担当したスタッフがそのまま ロイヤルファーストラウンジ までエスコートしてくれます。

Royal Orchid Spa Lounge

マッサージ後はここでタイのスイーツを食べるのが新たな楽しみに加わりました。
最近は手作りの葉っぱの容器がプラスチックのものに変わってしまいました。

ロイヤルオーキッドスパラウンジ

利用条件はタイ国際航空のファーストクラス・ビジネスクラスの国際線で当日出発するパッセンジャー本人のみで、同伴者やスターアライアンスのステータスによる入室は一切できません。その他のラウンジは スワンナプーム空港ロイヤルシルクラウンジ のページをご覧ください。

あちこちのエアポートラウンジにお邪魔してきましたが、出国手続き後に本格的なマッサージのサービスを受けられるなんてタイならでは!今後もバンコクから長距離のフライトの際は積極的にタイ航空を選びたいと思います。

更新履歴

2016年06月09日 全面改訂
2016年08月22日 写真2枚を追加

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン