ニュージーランド北島レンタカー旅行のすすめ、オークランドからトンガリロ国立公園へのドライブ詳解

2015年, '15 ニュージーランド Add comments

ニュージーランド ドライブ レンタカー

Kitagawa@New Zealandです。
日本と同じ左側通行のニュージーランドは運転しやすく、初めて海外でドライブに挑戦するなら特にオススメの地!ここでは北島でオークランドからトンガリロ国立公園一帯の観光地へレンタカーで行く場合のポイントをまとめます。

ニュージーランドのレンタカーについて

ニュージーランドはジュネーブ道路交通条約に加盟しており、国際運転免許証で運転可能。北島を見て廻るならオークランド国際空港でレンタカーを借りてしまうのがスムーズです。いつも通りAVISレンタカーを利用し、今回は交代しながら運転するためにAT車を指定しました。

ニュージーランド レンタカー

ニュージーランド特有の注意事項として、北島から南島へ旅する場合(Multi-island Hiresと言います)ほとんどのレンタカー会社は車をフェリーに載せて渡ることを認めておらず、フェリー乗り場でいったん返却して他方の島で借りなおす手順を踏みます。AVISレンタカーの場合、48時間前までに 0800 655 111 に電話でリクエストすれば乗継ぐ車の確保をしてもらえます。

料金

KitagawaはAVISプリファード会員でありJALグローバルクラブの割引もされているのであくまで参考となりますが、1週間当たり NZ$331 (税込み NZ$433、約34,000円)でした。GPS(カーナビ)は別途 NZ$49.75プラス税。追加ドライバー登録やオークランド市内での乗捨て料金は無料です。

ここのAVISも他国と同様に、黙っていると勝手に免責額軽減保険などのオプションをてんこ盛りにしてくるので(放っておくと料金が1.5倍ほどに膨れ上がります)子細に契約書をチェックして不要なものは外してもらいましょう。(すべて外した場合の事故時免責額は NZ$3,000 でした)

運転について

ニュージーランドは左側通行であり距離や速度もkm/hでの表記なので、ほとんど日本と変わらぬ感覚で運転できます。今年の冬はアメリカのフロリダを車で縦断、春はスペインとポルトガルを車で旅して来ましたが、それに比べてもニュージーランドは走りやすい!車の数が少ないうえに景色やマナーが良いので、初めてでも気持ち良くドライブを楽しめると思います。

交通ルール

ニュージーランドの道路交通法は www.nzta.govt.nz/ で確認できるほか、ニュージーランド政府観光局では「快適スタイル!レンタカーで気ままに楽しむニュージーランド ドライブ・インフォメーション」という日本語冊子を製作しています。僕が持っているのは2007年版PDFファイルですが、内容が充実しているので入手して読んでおくと参考になります。

ここでは特に注意が必要なポイントを5つほど挙げておきます。

【ラウンドアバウト】 ラウンドアバウトは中を走っている車が優先、右から車が来る場合は必ず手前で減速・停止を。
【歩行者優先】 郊外から都心部に至るまで徹底されているので、歩行者がいる横断歩道の手前で必ず停止を。
【駐車禁止】 迅速な取締りが実施されているので、パーキングメーターの支払いと制限時間の順守を。見落としがちですが、路上の左側にオレンジの点線が引いてあるところは駐車禁止です。
【追い越し】 対面通行でセンターラインの自分側が実線の箇所は追越し禁止。複数車線では追越しをする時以外は常に左側を走行します。
【制限速度】 速度もきちんと守られています。驚いたのは遅い車も少ないという点で、山道でも大きなトラックが減速せず100km/hで走っていたりします。

実際に走ってみて

実際のドライブコースはページ末尾に地図を掲載しました。
とても治安の良い国ですが、町と町の間は本当に何も無かったりするので(牛や羊が放牧されているだけで街灯すらありません)陽が沈む前に運転を終えた方が安心です。簡単な買い物やお手洗いはガソリンスタンド(Petrol Stationと言います)を使うと便利です。

どの町にも必ずモーテルがあるので車で旅行するならホテルを予約しておく必要はありませんが、ほとんどのモーテルの受付は夜9時ごろに閉めてしまうようです。一度、のんびり夕食を楽しみ過ぎてどこも閉まってしまい、とても焦りました(汗

トンガリロ国立公園 Tongariro National Park

ニュージーランド北島の中央に位置するのが トンガリロ国立公園 Tongariro National Park です。
夏はトランピング、冬はスキーを楽しめます。ユネスコ世界遺産 にも登録され、付近には数多くの見どころが集まっているので、今回はトンガリロ国立公園を目的地として旅の計画を立てました。

Tongariro National Park トンガリロ国立公園

下にトンガリロ国立公園の地図を示します。(この地図は左が北です)
最高峰は ルアペフ山 Mt. Ruapehu、標高2,797m。有名なトレッキングコースと2つのスキー場がこの山麓にあります。

Tongariro National Park トンガリロ国立公園

ビジターセンターと2軒のホテルが山の手前、ファカパパ・ビレッジ Whakapapa Village にあります。僕らは天候次第で滞在が何日になるのか未定だったため、幹線道路沿いの ナショナル・パーク National Park の町に泊まりました。(この2か所の他にホテルがある町はありません)

ナショナル・パーク National Park

モーテルが数件あるだけですが、トランピングやスキーに出かける拠点の町。
ナショナルパークからも雪を頂くルアペフ山が美しく望めました。ここからファカパパビレッジまでは16km、車で約15分です。

National Park, NZ ナショナルパーク

Mt. Ruapehu ルアペフ山

滞在先に選んだのは Adventure Lodge & Motel です。
建物は新しくヒーターの効きも良好、ベッドルームが2つあるお部屋に泊まりました。室内のキッチンには食器も揃い、共用のキッチンでは調理もできます。余談ですが、スタッフがワーホリ中の日本人の女の子で驚きました。

Adventure Lodge & Motel

夜は真っ暗になってしまう地味な町ですが、スキー用品のレンタル店などが点在しているので地図を貰っておくと良いでしょう。買い物ができるのは唯一ガソリンスタンドだけです。

ファカパパ・ビレッジ Whakapapa Village

ファカパパビレッジはルアペフ山に入る手前の最後の人里。ビジターセンター(観光案内所)はここにあります。
ビレッジを過ぎればあとはひたすら荒涼とした道で、7kmでスキー場に着きます。入山料などは不要です。

Mt. Ruapehu ルアペフ山

スノーチェーン着用について

今回最も心配だったのは スノーチェーン が必要かどうかでした。(AVISでは貸出しサービス無し)
結局チェーンが要るほど雪は積もっていなかったのですが、現地で聞き込みをしたところスノーチェーンはガソリンスタンドで買えるほか、チェーンが必要なほど雪が残っている日はレンタル屋さんが出てタイヤへの装着までやってくれるそうです。またチェーンが手に入らない場合、ファカパパビレッジに車を停めてバスでスキー場まで行く方法もあるそうです。ホテルのスタッフによると、朝チェーンが必要でも陽が昇ると雪が解けて解除されることも多いそうなので、春スキーなら少し遅めに行った方がお得だ、とも話していました。

なお、ファカパパビレッジには Chateau Tongariro Hotel という、この一帯で唯一の大型ホテルがあります。外観は立派ですが、古い・暗い・コスパが悪いと口コミがあまりにも…だったため、今回は滞在を見送りました。

ファカパパ・スキー場 Whakapapa Ski Field

こちらが今回の旅のお目当て、ファカパパスキー場 Whakapapa Ski Field です。
訪れたのは9月末ですが、突風が吹き荒れる日が続いており何日もクローズしていました。山は天気が変わりやすいので割と簡単に営業を休止してしまうそう。スキー場がオープンしているかどうかと路面状況は、ホテルで朝食時に教えてくれますし、当日の朝スキー場のサイト www.mtruapehu.com/winter/ で確認すると確実です。

ファカパパスキー場 Whakapapa Ski

お天気が悪い日は他の町を観光するなどして、3日目には晴れ上がってくれました!
スキー場のサービスやゲレンデの様子は ニュージーランド北島で春スキー、ファカパパスキー場 Whakapapa Ski Field のページにまとめますのでご覧ください。

トンガリロ・アルパイン・クロッシング

一方、暖かい時期はトランピング、もとい山歩きを目当てにトンガリロ国立公園を訪れる人が多いハズ。
有名な トンガリロ・アルパイン・クロッシング Tongariro Alpine Crossing をはじめ、いくつかのトレッキングコースがあります。

トンガリロ・アルパイン・クロッシング

コースの入口に駐車場がある訳ではなく、また出発地に戻って来ないコースもあるため、トランピングの場合は送迎サービスを利用するのが一般的なようです。各ホテルやモーテルから予約できるので尋ねてみてください。

トンガリロ・アルパイン・クロッシング

記載の通り携帯電話を持って行くようにアナウンスされているので、空港でニュージーランドの携帯電話用のSIMカードを入手 しておくと安心です。

本格的な山歩き以外にも気軽に楽しめるトレッキングコースやツアー会社によるユニークなアクティビティが多数あるようです。フリーペーパーの情報やビジターセンターのアドバイスを参考に、お好みのものを見つけてくださいね!

Tongariro National Park Map トンガリロ国立公園地図

しばらく山を歩いていないのでいきなりトンガリロアルパインクロッシングに参加するのはためらわれますが、次回夏にニュージーランドを訪れたらトンガリロ国立公園でトランピングを楽しんでみたいと思っています。

ドライブコースと主な見どころ
オークランドからトンガリロ国立公園まで

実際のドライビングコースと主な町、周辺の見どころをまとめておきます。
北島のオークランド~トンガリロ国立公園~ロトルア~ハミルトンのエリアを周遊し、走行距離は1,100kmほどになりました。こんなに綺麗に廻れれば良いんですけどね…実際はお天気の都合や車窓から見つけた景色に釣られて、行ったり来たりしています(笑

最初の区間、オークランド国際空港からトンガリロ国立公園までは 320km、順調に行けば4時間です。路面状態は良く道路標識も分かりやすいものでした。カーナビがあるので運転も気楽です。

ニュージーランド ドライブ レンタカー

ワイトモ Waitomo

オークランドからトンガリロ国立公園に向かう途中にある有名な見どころの ワイトモ Waitomo に立寄って洞窟見学をしました。オークランドからワイトモは 140km(車で2時間)、ワイトモからナショナルパークは 180km(車で2時間半)です。

ワイトモ洞窟 ツチボタル

ワイトモ洞窟 www.waitomo.com/ は青く輝く ツチボタル Glowworm が天井を飾ることで知られ、ミステリアスな光景を見られます。残念ながら撮影禁止ですが、想像以上に大量の光が洞窟内を埋め尽くしておりスゴイのひと言、一見の価値ありです!

ハミルトン Hamilton

同じくオークランドとナショナルパークのちょうど中間には、ニュージーランドの首都 ハミルトン Hamilton があります。めぼしい見どころはありませんが、途中に1泊入れるなら首都として拍子抜けするほど静かなハミルトンも良いかも知れません。

Hamilton ハミルトン

ハミルトンにはロトルアからオークランドに戻るときに立寄りました。ロトルアからハミルトンは 110km(車で1時間半)、ハミルトンからオークランドは 150km(車で2時間)です。
ホテルはアコー系の ibis Hamilton や Novotel Hamilton があり、モーテルは Ulster St. 沿いに集まっています。

ロトアイラ湖 Lake Rotoaira

ナショナルパークからタウポやロトルアに抜けていく途中、右手にビューポイントがあり、そこから ロトアイラ湖 Lake Rotoaira を眺められました。この湖はトラウトフィッシングの名所なのだとか。雲に隠れてしまいましたが、湖越しに見えるのが標高1,967mの トンガリロ山 Mt. Tongariro です。

Lake Rotoaira ロトアイラ湖

タウポ湖 Lake Taupo

トンガリロ国立公園で自然を満喫した後は、山を越えて タウポ湖 Lake Taupo に向かいました。
お天気が悪くスキーができない日が続いていた時に訪れた 天然温泉が湧くと噂のスパサーマルパーク もタウポにあります。

Lake Taupo タウポ湖

ロトルア Rotorua

タウポを北上すれば、ニュージーランド北島で最大の観光地 ロトルア Rotorua に着きます。
ロトルアは町全体が温泉のようなもの、有名な ポリネシアン・スパ Polynesian Spa もここにあります。活発な地熱活動によって色とりどりの熱泉が噴き出している ワイオタプ・サーマル・ワンダーランド Wai-O-Tapu Thermal Wonderland や動物と触れ合える アグロドーム Agrodome など見どころ満載の一帯です。

ニュージーランド ドライブ レンタカー

オークランド Auckland

最後に、ニュージーランド最大の都市 オークランド Auckland です。自然溢れる大地を見た後に来ると驚異的な発展ぶり、この街だけ異世界のよう。町の中心部は1km四方といったところなので徒歩で観光できます。むしろ車は邪魔なくらい…

Auckland オークランド

オークランドでは プルマン・オークランド・ホテル Pullman Auckland Hotel に泊まりました。都心にあるホテルの駐車場は安くありませんので、オークランド市内にあるレンタカー会社のオフィスで車を返却(乗り捨て)してしまいました。ニュージーランド滞在の最後にオークランド観光を充てると日程調整もしやすく効率的でしょう。市内から空港までは オークランド空港バス SkyBus(旧Airbus Express)が便利です。

Have a nice drive!

ニュージーランドは魅力の多い国。ぜひ自分でハンドルを握って、ダイナミックな自然を感じて見てください。Kitagawaは世界中でドライブを楽しんでいますが、ニュージーランドは特に運転がしやすいと感じたので一人でも多くの方が車を利用されればと思い少し詳しくご紹介させていただきました。
この国が気に入ったなら、次は北欧の島国アイスランドのドライブ旅行もオススメです!

“ニュージーランド北島レンタカー旅行のすすめ、オークランドからトンガリロ国立公園へのドライブ詳解”へのコメントが 3件あります

  1. fujira Says:

    来月に北川様とほぼ同じルートでレンタカー周遊します。
    トンガリロクロッシングを予定しており、携帯番号を知らせないといけない事もあり私も日本でmobellの海外用SIMカードを購入しました。(現在ロックフリースマホ)

    実際に北川様は使用されていらっしゃいますのでお聞きしたいのですがカードを差し替えた場合に
    今まで使っていたラインはどうなりますか~?っていうか日本へ帰ってから元通りに使用したいのですが
    使えますか?
    また、海外用のSIMカードに次のラインアプリはいれないほうがいいですよね?
    アカウントはgmailにあります。

    日本で元のSIMカードに差し替えれば元通りになるのでしょうか?
    ラインアプリをSDカードに写しておいたらいいのでしょうか・・?
    因みにニュージーランドでは使わなくても平気です。

    サポートセンターみたいに質問しちゃって申し訳ありませんが
    わかる範囲で実際された事を教えて頂ければ幸いです。

    どうぞ宜しくお願いします。

  2. kitagawa Says:

    こんばんは、Kitagawa@Nagoyaです。
    スマホ内のアプリのデータがご心配であり、かつ列挙されたサービスを旅先で使わないのであれば、ニュージーランド用に一台別にスマホを用意されるのが簡単かつ確実かと存じます。
    よいドライブ旅行になりますように!

  3. fujira Says:

    それが一番確実だし面倒でないのでそうします。
    厄介な質問してしまいすみませんでした。
    偶然ですが予約してるホテルがアドベンチャーロッジでした!
    まだ日本のワーホリの方いらっしゃるといいな^^
    楽しんできます。有難うございました。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン