ロングビーチ観光 (北米・カリフォルニア)

2014年, 2012年以前, アメリカ合衆国, '14 アメリカ合衆国 Add comments

ロングビーチ旅行記

毎年北米に滞在するようになって何年も経ちますが、カリフォルニアで多くの時間を過ごしてきた町がここ ロングビーチ Long Beach です。再開発されたハーバーやビーチが美しく、水族館やレーシングなど有名な見どころもあります。ここではKitagawaが2011年~2014年に撮った写真を交えて、ロングビーチの街並みをご紹介します。ロサンゼルスのダウンタウンからも、メトロのブルーラインに乗れば一発で来れますよ!

ロングビーチ観光

ロングビーチ市はロサンゼルス近郊で最大の港湾都市。ロサンゼルス国際空港LAXやL.A.のダウンタウンから見て南に位置します。日本人が多く住む トーランス Torrance のもう少し先、と言った方が分かりやすいかな。ディズニーランドほど遠くはないので、ロサンゼルス観光で週末のエクスカーションとしてもおすすめです。

ビーチ

ロングビーチって言うくらいだから、長い砂浜があるんでしょ?
ということで、まずはビーチから。

Long Beach

ロングビーチ

真っ白な砂浜に太平洋!なかなかのスケールです。
実はこのページを作るにあたって、初めてビーチに来ました。だってめちゃくちゃ暑いんだもん!冗談抜きに熱射病で倒れかねない暑さなので、速攻で写真を撮って戻って来ました。(笑

ダウンタウン

ロングビーチの街並み。
賑わっているのはウォーターフロントの一帯と、メトロが走る Pacific Ave. と Long Beach Blvd. の間のエリアくらいかな。観光はしやすい方だと思いますが、結構広いので見どころ間の移動には少し時間がかかります。

カリフォルニア ロングビーチ ロサンゼルス

ロングビーチの目抜き通り、ウェストオーシャンブールバード W Ocean Blvd.の様子。
前方左手に見えているのが ウェスティンロングビーチホテル Westin Long Beach Hotel です。

ウェスティン ロングビーチ ホテル

ウェスティンかハイアットに泊まると、レストランなどが集まるThe Pikeまで歩いてスグなので便利です。
また市内にはモーテルもあるので、車があれば例えば Super 8 Long Beach などに泊まるのも安くて良いかと思います。

ウォーターフロント

ほとんどの見どころはロングビーチハーバーに面するウォーターフロントに集まっています。
豊かな芝生に曲がりくねったプロムナード。ジョギングや犬の散歩、サイクリングをする人たちを見ながらお散歩するだけでも楽しくなってきます。

ロングビーチ 見所

小さなお店が集まる ショアラインヴィレッジ Shoreline Village
ここは駐車場もありますよ。

Long Beach Waterfront

豊かなアメリカを絵に描いたような景色。
ほんとカリフォルニアはいいね。

ロングビーチ観光

ロングビーチの灯台。

ロングビーチ灯台

ハーバーに並ぶヨット。
週末に風に吹かれながら船でサンタカタリナ島あたりに遊びに行ったら最高でしょうね。船をお持ちの方、ぜひ誘ってください!

ロングビーチ旅行記

ロングビーチ水族館

ロングビーチで一押しの見どころである ロングビーチ水族館 Long Beach Aquarium of the Pacific です。
ここはカリフォルニアで最大規模のアクアリウムで、L.A.のダウンタウンからわざわざ訪れる価値ありです。

Aquarium of the Pacific ロングビーチ水族館

ダイビングでよく出会うお魚もいっぱい!
屋外展示や体験コーナーもあって、ファミリーで来ると楽しそうな雰囲気です。

ロングビーチ水族館

2011年に見学したときの様子をアップしていますので、ロングビーチ水族館 Long Beach Aquarium of the Pacific のページをご覧ください。

クイーンメリー号

対岸に見えているのは クイーンメアリー号 Queen Mary
ここも有名な見所です。ロングビーチに来て初めて見に行ったのがクイーンメアリー号でした。

クイーンメリー号

近くで撮った写真もありますので、クイーンメリー号 The Queen Mary のページをご覧ください。
また、船の前に泊まっている潜水艦スコーピオンも内部を見学できて、こちらはミリタリー好きにおすすめのスポットです。

スコーピオン ロングビーチ

ザ・パイク

再開発されたウォーターフロントの一帯はレストランなどが集まっており、ザ・パイク The Pike と呼ばれています。
ロングビーチで夜、みんなでどこかに行こうとなると、この辺りしかないでしょう。

The Pike

かなーり、広いです。アメリカですから。

日本からの観光客が行くなら、グラマーなお姉さんがいっぱいいる フーターズ Hooters や、フォレストガンプでお馴染みの ババガンプシュリンプカンパニー Bubba Gump Shrimp Co.、あとはアイスクリームの コールドストーンクリーマリー Cold Stone Creamery あたりでしょうか。最近は全部日本にもあるんでしたっけ?

The Pike

夜のウォーターフロント。
ロングビーチは北米の中でも治安が良く、割と遅くまで人出があります。

ロングビーチ 見どころ

トヨタグランプリ・ロングビーチ

ロングビーチでは年に一度、インディカーのレースが開催されます。
これがビッグイベントなんですが、読者様からTwitterで教えてもらうまでまったく知らず、2014年の春に初めて観戦してきました。

佐藤琢磨

昨年優勝している佐藤琢磨選手にも会えて感激!
レースの様子は トヨタグランプリ ロングビーチ Toyota Grand Prix of Long Beach のページに写真や動画をアップしました。

このレース、モナコと同様に市街地の公道を使って行なわれるという特徴があります。
そこで、レースの翌日に少しだけコースを走ってみました。

Toyota Grand Prix of Long Beach

僕らの観戦席があった ウェストショアラインドライブ W Shoreline Dr.を走行!
ここを猛スピードで走り抜けるなんて、凄いですね。

シグナルヒル

ロングビーチの空港とウォーターフロントの中間辺りに、シグナルヒル Signal Hill という丘があります。
シグナルヒルの周辺は高級住宅地になっていて、丘の頂上にある公園 ヒルトップパーク Hilltop Park からはロングビーチの街並みを一望できます。

シグナルヒル ロングビーチ

南側、ビーチ方面。

Signal Hill, Long Beach

北側、ロングビーチ空港方面。

ロングビーチ旅行記

シグナルヒルはロングビーチの上空を飛んでいると良く見えるので、一度来てみたかった場所。
実際、ここは管制塔との交信でも目印にされており、シグナルヒルの上に着いたら教えてね、と管制官から言われることも多く、来てみると真上を小型機が次々と通過していく様子が見てとれます。

ロングビーチ空港

ロングビーチにはロングビーチ空港があり、ジェットブルーのハブにもなっている大きな空港です。
日本からの観光客が使う機会はまずないかと思いますが、ここに触れずに終わらせる訳には行かないでしょう…

ロングビーチ空港

というのも、ロングビーチに滞在中は週の半分くらい、僕はこの空港にいるのです。スチューデントパイロットのライセンスまでは、この空港で取りましたからね。
飛行機から撮ったロングビーチ周辺の写真も何枚かありますので、よろしければご覧ください。空からだと、クイーンメアリー号やディズニーランドがよく見えます。

空港にいなければ、スタバにいたりスーパーで買い物をしたり。

コストコ アメリカ

コストコ COSTCO のホットドッグやピザは安くて美味しいのでよく食べました。コストコも日本にあったりしますか?

週末はお友達とステーキや焼肉!
バッフェの 北海道 Hokkaido Buffet というお店も学校の仲間とよく行きました。

韓国焼肉

ロングビーチへの行き方

L.A.のダウンタウンから行く場合、メトロ・ブルーライン に乗って終点まで行けばそこがロングビーチ。所要1時間くらいです。ブルーラインという名前なのに、なぜか車体は黄色なんですよね。(笑

メトロ・ブルーライン

メトロに乗ったのは2011年が最後で、最近は車ばかりです。
LAXの空港からはフリーウェイで I-105 E、I-405 S、I-710 Sの順、距離は20マイル位なので30分もあれば着きます。

ロングビーチトランジット

ロングビーチ市内は ロングビーチトランジット Long Beach Transit の運行するバスが走っています。
乗り方、ルート、運賃、時刻表はすべてホームページで確認できます。公式サイト lbtransit.com/ をご覧ください。

ロングビーチトランジット Long Beach Transit

ただし!市民の大半は車で移動するためバスなんて乗っている人はほとんどいません。
昔は頑張ってバスを使っていましたが、路線は不便だし本数は少ないし週末はルートが変わって知らない場所に行っちゃうし、かなり苦労しました。運賃は1.25ドルです。

パスポート

一方で、ロングビーチには主な見どころを結ぶ パスポート PASSPORT というバスが巡回しています。
このバスはなんと無料!見どころを結んでいるため観光にとても便利です。

以下のようなルートを走っており、特にクイーンメリー号に行く時は重宝すると思います。最新の情報は公式サイトで確認してくださいね。

Passport Bus, Long Beach Transit

くどいようですが、アメリカで一番便利な移動手段は車!
レンタカーの利用がおすすめです。

今後は少し渡米の間隔が開きますが、それでもロングビーチには立ち寄ることになります。
新しい見どころを見つけたら、ブログでもスポット情報をアップしていきたいと思います。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン