ファーストキャビン羽田ターミナル1 (空港内ホテル)

2015年, '15 日本 Add comments

ファーストキャビン羽田

Kitagawa@Tokyo です。
羽田空港からパリに向かうフライトが早朝発にも関わらず最寄りのホテルがどこも満室!という訳で、以前から気になっていた国内線第1ターミナルにある簡易宿泊施設 ファーストキャビン羽田ターミナル1 First Cabin Haneda を利用してみました。明快な料金で気軽に休める新感覚のサービスですね。

ファーストキャビン羽田

モノレールや京急で羽田空港に着いたらホームの一つ上、国内線の到着ロビー のど真ん中です。
案内板にもベッドのマークが載っていますが、見つけるのに時間を要しました。このターミナルはもちろん何度も利用していますが、深夜の空港ってシャッターが下りていて普段とまったく様子が異なり、意外に今いる場所が分かりにくいものです。

ファーストキャビン羽田

こちらがファーストキャビン羽田ターミナル1の入口。レセプションは結構混み合っていました。
チェックインの際は一人ひとり丁寧に対応しており、外国人の宿泊客には英語の案内図を用いて館内の説明をしていました。

ファーストキャビン羽田

ネットから予約しても支払いはチェックイン時で、クレジットカードも利用可能。
キーを受取ってから中に入るには別途カードをかざす必要があり、男性と女性で入口が分かれていました。

ファーストキャビン羽田

居室フロアの様子。
旅館業法でいう簡易宿所営業のため、ドアは無く鍵のかからないカーテンのみでの仕切りとなっています。

ファーストキャビン羽田

ファーストクラス

Kitagawaが泊ってみたのは少し広めのファーストクラスという宿泊ブース、1泊6,000円でした。
ベッドの上には予めフェイスタオルとバスタオル、そして館内着やスリッパも用意されていました。ベッドの下は鍵のかかる引出しになっており、貴重品はこちらへ。

ファーストキャビン羽田

ビジネスクラス

一回り小さな、というよりベッドそのものの大きさで作られた宿泊ブースもあり、ビジネスクラスという名称で1泊5,000円と少し割安です。こちらの方がよく埋まっていたので、コスト意識の高い利用客が多いことが伺い知れます。

ファーストキャビン羽田

枕元には鍵のかかる引出しがありますが、スーツケースを置けるスペースは無いのでそのまま通路に出している人がほとんどでした。ちなみにスーツケースを空港宅急便ではなくファーストキャビン宛てに送ってここで受取ることもできるそうです。

館内施設

レセプション横のラウンジは館内着のまま寛ぐことができます。角には喫煙コーナーも設けられていました。
居室ではキーボードのタイプすら憚られるほど音が響くので、PCを使う場合もこちらのラウンジ内になるでしょう。Wi-Fiによるインターネット接続は無料です。ここで日本のTVを久しぶりに見ました。

ファーストキャビン羽田

写真はありませんが、シャワー室と大浴場があり、清掃の時間以外は無料で何度でも利用できます。有料のコインランドリーも設置されていました。飲み物などの購入は自動販売機で。耳栓は無料で、剃刀は有料での販売となっていました。

感想

スーツケースは既に空港に送ってあり、深夜に着いて寝るだけ、翌日も羽田から早朝発ということで、この機会にどんなものか気になっていたファーストキャビンを使ってみました。搭乗便によってはターミナルの移動が必要となりますが、ロケーションは申し分ないでしょう。料金も固定のため、主要ホテルが混み合って割高な日に前泊が必要な場合には候補の一つに入れても良いかも。国内出張のビジネスマンや外国人観光客も上手く利用しているようで、ウォークインでも1時間~休めるそうです。

とは言っても所詮はカプセルホテル、音が響くうえにベッドが想像以上の固さで、ぐっすり眠れたとは言い難い。音が筒抜けなのは構造上仕方が無いにしても、肝心のマットレスがどうにも僕の体には合いませんでした。これは何回か泊まると慣れるものでしょうか?コンセプトやサービスには好感が持てますが、楽しみにしていた海外旅行にこれから出発する!という場合はやはり割高でもエアポートホテルでしっかり休息を取った方が気持ち良く飛行機に乗れそうです。

ファーストキャビン羽田ターミナル1

【住所】 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル1階
【TEL】 03-5757-8755
【URL】 first-cabin.jp/locationlist/haneda-terminal1.html

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン