ビーチリゾート Denizkizi Hotel (北キプロス)

2016年, '16 北キプロス Add comments

Denizkizi Hotel, North Cyprus

キプロス島で滞在した デニクジホテル Denizkizi Hotel をご紹介します。
全室がオーシャンビューで正面に地中海、背後は峻険な山脈という大自然を望むロケーション。さらに朝食・夕食が込みというお得なビーチリゾートで、マイナーな北キプロスにも関わらず英独露のバカンス客で賑わっていました。

デニクジ ホテル
Denizkizi Hotel

北キプロストルコ共和国
   ギルネ Girne の西10km、Karaoğlanoğlu Caddesi 通りから北に150m

【住所】 P.K. 230, Alsancak, Kyrenia, 99350 NORTH CYPRUS
【TEL】 +90   392 821 2676
【FAX】 +90   392 821 2727
【URL】 www.denizkizi.com/

北キプロスに着いてから探し出したリゾートで、しかも当日の朝に電話で予約という毎度のことながら行き当たりばったりな滞在ですが、すっかり気に入って結局最終日まで延泊しました。

ここではお部屋の様子と朝晩のお食事、デニクジまでの行き方をまとめます。ホテルの美しいプールやビーチの写真は 北キプロスの超穴場ビーチリゾート のページをご覧ください。

Denizkizi Hotel, North Cyprus

デニクジには2つの建物があり、左手(陸寄り)が Denizkizi Royal、右手(海寄り)が Denizkizi Hotel となっています。宿泊費が同じだったので両方とも泊まってみました。
大半がヨーロッパからのゲストのため英語も問題なく通じますしクレジットカード決済ももちろん可能です。

Denizkizi Royal

最初に泊まったのは Denizkizi Royal という建物。
48室のゲストルームと6室のスイートがあります。ホテルによるとこちらの建物の方が室内が広くバルコニーも付いているのでオススメとのこと。

北キプロス デニクジ リゾート ホテル

床や家具の質感は高くありませんが機能は必要十分で清潔なお部屋です。
ベッドの周りにスーツケースを広げる余裕もあり、面積が25㎡とは思えない広さ。

Denizkizi Royal

Denizkizi Royal

バスルーム

シャワーのみでバスタブはありませんがバスルームも衛生的でした。

バスルーム

ミニバー

フリッジのお水は2TL、ソフトドリンク4TL、ビール6TLと安い。
ランドリーサービスやルームサービスもあり、これらも気軽に利用できる価格帯でした。

ミニバー

お部屋からの眺め

ロイヤルの方はバルコニーがあるものの、海から距離感があります。
こちらにはレストランが無いので朝食・夕食は隣の建物まで歩いて行かなければなりません。

キプロス ビーチリゾート ホテル

Denizkizi Hotel

隣の芝は青く見えるもので(笑)後半はレストランのある方の建物に移って来ました。
面積は21㎡となりバルコニーも付きませんが内装がモダンで断然カッコいい!僕たちはこちら元祖デニクジの方を気に入りました。

北キプロス デニクジ リゾート ホテル

Denizkizi Hotel

バスルーム

バスルーム

お部屋からの眺め

海も近いですね、日中は窓を開けて波の音を楽しめました。
ミニバーやルームサービスなどはどちらの建物でも同様に利用できます。

Denizkizi Hotel, North Cyprus

インターネットはパブリックスペースのみ無料でお部屋でのWi-Fiはデバイスごとに1週間 20TL(706円)でパスワードを購入する必要あり。両方の建物で同じパスワードを使用できました。

朝食

野菜やフルーツが中心の朝食。
地域柄でしょう、コーヒーのお味はイマイチです。

レストラン

朝食

昼食はビーチにあるレストランでいただけますが、ビールやお料理がホテルとは思えない安さ。
プールやビーチの様子は 北キプロスの超穴場ビーチリゾート をご覧ください。ホテルの敷地内にはダイビングショップもあるので目の前の海で キプロスのスキューバダイビング も楽しめます。海から見たリゾートの様子を動画でアップしてみました。

夕食

デニクジホテルでは夕食も宿泊費に含まれていてお得!
ビーチを望むテラスが夜はバッフェの会場となり、暑さも引いてとても気持ちよい夜のひと時を過ごせました。ちなみに6~9月のキプロスの平均最高気温は30℃を超えており7~9月はほとんど雨が降らない快晴続き。僕らは9月末~10月頭に泊まりました。

Denizkizi Hotel

生演奏もあるのですが、これが日替わりで当たり外れ大きい(笑)たまに信じられないほど音痴なバンドが出てくるのもご愛嬌?
飲み物とアイスクリームは別料金でした。

夕食

バイキング

リゾート内はトルコ人ファミリーやイギリス・ドイツ・ロシアから来た年配のバカンス客ばかりで東洋人は皆無。北キプロス旅行というと南キプロスからの“ニコシア一日観光”ばかりで北岸まで足を延ばす観光客は極めて少なく、実際このホテルのレセプションでも日本人がチェックインしたのは初めてだ!と驚かれたほど…そのくらいの穴場です。

もっとも場所が北キプロスですからね、他の国や観光地と同列に語ることはできませんが、それを差引いてもこの静けさと安さは魅力的。久しぶりに自分だけの秘密の場所を見つけた気分です☆

空港シャトルバス送迎

デニクジホテルでは北キプロス・エルカン空港まで送迎サービスを提供しています。
帰りにお願いしたところ空港まで二人で 80TL(2,822円)でした。出入国の情報は イスタンブール発エルカン行きアトラスジェット搭乗記 で触れていますのでご参考に。

空港シャトルバス送迎

一方、行きはニコシア(トルコ語で レフコシャ Lefkoşa)からバスを乗継いで来ました。
予約の際、お迎えのタクシーの手配を頼んだところ(北キプロスではタクシーを電話で呼びます)なんと「タクシーは高いからバスでいらっしゃい、簡単だし安いから!」と押し切られてしまいました。実はレフコシャで泊まっていたホテルのレセプションに相談しても同じことを言われまして、まぁ僕らも伊達に100ヶ国以上を旅していませんから素直にローカルバスで向かいました。

北キプロス旅行記

上の写真が Karaoğlanoğlu Caddesi 通りにあるホテルに続く小道の入り口。
バスの運転手さんは英語がまったく通じませんが Denizkizi Hotel と言うだけで分かったようで、ギルネでは次のバスに乗せるだけでなく運転手さんにもきちんと伝えてくれて本当に簡単に着いてしまいました。運賃はレフコシャから ギルネ Girne まで一人5TL、ギルネからホテル前まで一人3.5TL、待ち時間も含めて1時間半くらい。北キプロスの皆さん、無愛想ですが本当に人が良い!バスの様子は 北キプロス旅行記ニコシア観光 のページの最後に掲載していますのでご覧ください。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン