ニューヨーク名物!カーネギー・デリの巨大パストラミサンドイッチに挑戦

2015年, '15 アメリカ合衆国 Add comments

カーネギーデリ Carnegie Deli ニューヨーク

たまにはB級グルメをご紹介。ニューヨークのデリカテッセンで一度は食べてみたいものと言えば、お馴染みベーグルと並んでパストラミサンドイッチが挙げられます。老舗デリの カーネギー・デリ Carnegie Deli のパストラミサンドイッチはそのサイズがとんでもなく巨大だそうで…この挑戦、痩せの大食いKitagawaが受けて立ちましょう!

カーネギーデリ

場所はニューヨーク・マンハッタンの7番街と55丁目の角。カーネギーホールの1ブロック南です。
お店の前にいる人たちは順番待ちで、けっこう並んでいましたがデリなので割と早く列は進みます。店内は意外にも奥行きがあって、人数に応じて次々とテーブルに案内していただけました。ちなみにこのお店、3代続く家族経営のレストランだそうです。

Carnegie Deli

ビーフパストラミとは?

パストラミとは、肉を食塩水に漬けてから燻製にしてスパイスをまぶしたもの。保存性を高める手法として19世紀後半にユダヤ系移民によってもたらされたものだそうです。アメリカのデリカテッセンでは定番の具材で、薄くスライスしてライブレッドに挟んで食べるのが一般的です。

ビーフパストラミ

メニューはこちら。
名物のパストラミサンドイッチは Carnegie Deli Hot Pastrami、お値段 17.99ドル(税別、2015年1月現在)となっていました。

Carnegie Deli

出てくるまで周りの席を観察していましたが、皆さんかなり苦戦しています。デカい体つきの連中も残すくらいの半端ないボリューム、これは心してかからなければ。
壁にはこれまでにカーネギーデリを訪れた有名人がいっぱい。日本人が知ってる人だと「嵐」の写真があるので、ファンの方は探してみてくださいね。

Carnegie Deli

カーネギーデリ

さて、ようやく出てきました。こちらが名物のビーフパストラミサンドイッチです、デカい!
どんだけ重ねてんだよ、ライ麦パンがひっくり返ってるじゃん…ここまで来ると嫌がらせに近い量の多さ。(笑

パストラミサンドイッチ

もう一つ、サーモンの入った BAGELICIOUS というベーグルも。
クリームチーズが好き!ということでオーダーしたのですが、チーズが塊で乗っててビックリ。塗るというより置いたという感じですね、これは恐ろしいカロリーです。サーモンも分厚く、重ねて食べるのは早々に諦めました。

BAGELICIOUS

肉がスライスされているから軽く行けそうな感じもしたんですが、とんでもない!かえってボリュームが増して、途中で休むとそのまま終了になりかねません。ここは大和魂を見せて一気に行きましょう!自家製のピクルスがよいアクセントになりますが、余裕かましていられるのは半分まで。後半けっこう辛い、見かけによらずこいつは強敵です。

カーネギーデリ

結果、なんとか完食しました!苦しかった~、2人でサーモンベーグルと半分こにして食べたので何とかいけましたが、パストラミサンドイッチだけだと無理だったかも。ほんと、1つのパストラミサンドイッチを2人で分けてちょうど良いくらいのサイズなんですが、シェアすると数ドル追加料金がかかる?という口コミ情報もあるようです。それでもシェアをおすすめしますが…

Carnegie Deli

話題のデリだったので訪れてみましたが、ほとんどの人が食べきれないくらいの量ってどうなんでしょう?なお、残して帰っちゃう人がいますがアメリカでは食べきれない分はどこのお店でもお持ち帰りできますので、遠慮せずにドギーバッグに詰めてもらいましょう。幸いパストラミはすぐには味が落ちませんので。

ニューヨークでは他に、カッツデリカテッセン Katz’s Delicatessen のパストラミサンドイッチも巨大で有名とのこと。道場破りよろしく、また食べたくなったら次はこちらに行ってみようかな。(笑

カーネギー・デリ
Carnegie Deli

【住所】 854, 7th Avenue at 55th Street, New York, NY 10019 U.S.A.
【URL】 carnegiedeli.com/
【TEL】 +1  212 757 2245
【営業時間】 朝6時半~深夜2時
【休業日】 年中無休

“ニューヨーク名物!カーネギー・デリの巨大パストラミサンドイッチに挑戦”へのコメントが 8件あります

  1. 東人 Says:

    ここ、30年前に行きました。無謀にも1人で2種類を頼んでしまい、他のお客さんが笑ってました(--)
    20代前半でも辛かったです。
    ちなみに、Katz’s Deliの方は、映画 When Harry Met Sallyに出ていて、行きたくなりました。行ったら、シェア必須ですね。

  2. たか Says:

    北川さん、10年程前からたまーにコメントさせて頂いていた者です。

    当時の北川さんのビジネス論がすごく好きだったのですが、
    最近、さらに当時より強力な口調でツイッターで復活されてたんですね!
    めちゃくくちゃ嬉しいです^^

    今では、素顔もオープンになったんですね♪

    結構前のblogで・・・いつか忘れましたが。年始の抱負?で

    ・朝思いついた事を夜までするぐらいのスピード感で過ごす。
    ・大切なのは自分を信じきることと、自分の欲する方向へ貪欲かつ意地でも突き進むこと

    この年のこの記事、今でも記憶に残っています。
    自分が恥かしい限りです(笑)もし大阪に来られる際は、お声掛け頂けませんか?
    食事でもご一緒してみたいです!!

    その後、blogで大阪で最悪なもてなしをされた!!たたかれそうですが^^

  3. kitagawa Says:

    >東人さん

    こんばんは!ほんと映画良くご存知ですね、ラブロマンスまでご覧になられているとは…
    カッツの方も似たようなコンセプトみたいですが、創業はカーネギーよりさらに前みたいですね。次こそは、暖かい時期にNYCに立寄りたいものです。

  4. kitagawa Says:

    >たかさん

    いただいたコメント覚えていますよ!
    ずいぶん前から顔出ししていますが、ご存知でなかったということはTwitterで僕を再発見されたのでしょうか?いやはや、世間は狭いもので…って、今Twitter見たら思いっきり炎上してますね。もしかして僕がミサイルを撃ち込んだ、のかしら。

    あれ以来実は一度も大阪に立寄る機会が無いんですが、実は今年は関西の博物館・動物園を周る計画を立てており、夏あたりに大阪ステイのチャンスがあるかもしれません。ちなみにいただいたコメントを一部割愛していますが、僕は旅行するのに困らない程度しか稼いでいませんよ。(笑
    またいつでもお気軽にコメントお寄せください。

  5. kitagawa Says:

    大阪と言えば、ご飯と一緒にお好み焼きを食べる!ってのを一度やってみたいですね~
    噂でしか聞いたことありませんが。(笑

  6. パザパ Says:

    懐かしいです~♪
    私もまだ20代の頃行きました。
    友人とシェアして食べましたが食べきれず「ドギーバック」をお願いしました。
    ピクルスも巨大で、丸ごとのキュウリがボウルに山のように入っていたのを思い出しました。
    当時、ウッディ・アレン氏もご常連と聞きました。

  7. 半年兄さん Says:

    5年ほど前に行ったとき、パストラミサンド、シェアすると確かに追加料金かかりましたよ。
    でも、シェア用にパンの部分だけ、もう1人前でてきました。
    私の中では、20年前に行ったときに食べた、ハムと卵焼きのサンドイッチがおいしかった思い出があります。
    今年も、本日行ってまいります。

  8. kitagawa Says:

    パザパさん、半年兄さん、コメントありがとうございます。
    やっぱり分け合っていただく方が無難なようですね、結構苦しかったので僕も次回はシェアをお願いしてみたいと思います。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン