ANAスイートラウンジ 羽田空港国際線

2016年, '16 日本 Add comments

ANA SUITE LOUNGE ファーストクラスラウンジ 羽田空港

羽田空港の国際線出発コンコースにある ANAスイートラウンジ ANA SUITE LOUNGE です。
ここはスタッフの声掛けや案内のタイミングが的確で気持ち良く過ごせました。そしてダイニングでちょっとわがままなリクエストをしてみたところ予想外の展開!たまには全日空で飛ぶのも良いですね、個室スペースが空いていれば言うことありません。

羽田空港 優先レーン

2016年3月現在、ANA SUITE CHECK-IN のサービスは成田空港と羽田空港国内線のみ。
ここ羽田空港から国際線で出発する際は通常のセキュリティチェックの通過となりますが、ANAのファーストクラスやStar Alliance各社のファーストクラスに搭乗の際は 優先保安検査場(プライオリティレーン)が使えるようです。

今回もチェックインカウンターからそのままグランドスタッフが付き添ってくれました。完璧なエスコートが付いてしまえば優先も何もありません(笑

行き方

ラウンジの場所はパスポートコントロールを抜けて右手、110番ゲート付近です。
分かりやすいようにANAのロゴを大きくしておきました。
一方、左手の112番ゲート付近はライバル日本航空のラウンジ入口があります。JALファーストクラスラウンジ とも違いを比べてみてください。

羽田空港 ファーストクラスラウンジ

下の写真で黄色の丸印、細い通路の奥にあるエスカレーターを登って4階へ。
営業時間は午前5時~深夜1時となっていました。

羽田空港 ラウンジ

Kitagawaは入ったことがありませんが、日中(午前6時半~午後1時半)に限って反対方向にある114番ゲート付近のラウンジも利用できるそうです。

入室資格

・ANAまたはスターアライアンス各社のファーストクラスに搭乗するパッセンジャー本人、および同行者1名
・ANAダイヤモンドサービスメンバー本人、および同行者1名

※いずれもANAまたはスターアライアンス各社の運航便に搭乗することが要件です

ANAスイートラウンジ ANA SUITE LOUNGE

週末の夜、時間帯のせいかラウンジ内は結構混み合っていました。
ANAスイートラウンジらしいと言えばこの個室でしょうか。1席ずつパーティションで仕切られたブースにコート掛けやテレビがあって、待ち時間が長い場合はゆっくり過ごせそうな作り。テレビはヘッドホンによる視聴です。でもオットマンもありませんしリクライニングも浅く、見た目ほどにはリラックスできなかったかな。

ANA ファーストクラス ラウンジ 羽田空港

利用したい場合はスタッフが案内してくれますが、個室は空きが無いほど混雑していました。怒っているF客も何人かいてビックリ!いずれも欧米人でした。混み合う時間帯はこのスペースだけでもダイヤモンド会員を対象外にしてファーストクラスの乗客へ優先的に提供しても良いと思うのですが、そんな対応はまずあり得ないでしょうね。僕もシャワーを浴びて食事をして…ようやくお席に案内していただけた次第です。

シャワールーム

洗顔や着替えのためシャワールームをお借りしました。
確か4室だったかな?すぐに使えましたが、ここも大変混み合うそうです。サーキュレーターがあるのは評価します、快適でした。

ANA ファーストクラス ラウンジ 羽田空港

ANAスイートラウンジ 羽田 ファーストクラス

バスアメニティとして ル・モンドール Le Mondor のミニボトル。
2013年4月から採用となった資生堂のホテル向けシリーズです。個人的には以前のTHANNが好みですが…ここは日本なので国内メーカーの方が無難な選択でしょう。

ANAスイートラウンジ

ダイニング

夜便で出発の際は離陸後の軽食をパスしてすぐ寝てしまうことが多く、ここで夕食をいただきました。
一人にも関わらず一番奥の一番大きなテーブルを空けていただき恐縮。コンラッド東京ホテルのスペシャルメニューや国産牛のフィレステーキなど、月替わりの限定メニューもあり、これは良く利用される方には楽しみですね!僕は牛すき焼きをいただきました。

ANA SUITE LOUNGE

ドリンクを尋ねられた際、「ぜひ何かANAさんらしいご提案を!」と無茶振りしてみましたら…なんと出てきたのはスパークリング日本酒!まったく予想外で、こんなお酒は初めて見ましたし、それ以上にとても嬉しかった。

というのも、当ブログで何度か書いたように今回の日本滞在は灘の酒蔵巡りで随分と日本酒を楽しみました。そんな世間話の流れを受けてのこの提案、感動もひとしおです。残り2本しか無いうちの1本らしく、貴重なお酒を美味しくいただきました。

スパークリング日本酒

ほかにもオープンスペースにソファが並べられているエリアや、セルフサービスで飲み物やお食事をいただけるコーナーもあり。人数や出発までの時間によって柔軟に使い分けできそうです。

感想

全体的には混んでいましたが、ANAビジネスクラスラウンジ ANA LOUNGE に比べればこちらは入室できるのがファーストクラスのパッセンジャーか搭乗頻度の多いダイヤモンドメンバーに限られており落ち着いた雰囲気。そして声をかけてくださったスタッフがどなたも親切で余裕も感じられました。今後も羽田空港から安心して海外に飛び立てそうです。

“ANAスイートラウンジ 羽田空港国際線”へのコメントが 2件あります

  1. Kaz Aoki Says:

    初めてコメントします。青木と申します。
    ANAスイートラウンジの記事、楽しく拝読しました。
    個室座席にオットマンがあったと記憶してます。確か、座席の下部にしまわれていて、手で簡単に引き出せたような。
    今後とも、よろしくお願いします。

  2. kitagawa Says:

    青木さん、こんばんは!初めまして。
    コメントをいただき、ありがとうございます。

    まさか自分が座っているイスの下にオットマンが隠れていたとは…まったく気付きませんでした。
    貴重な情報をお教えいただき、ありがとうございます。

    このラウンジは奥にも何やらお食事のコーナー?があるようで、また立ち寄る機会があれば観察してみたいと思います。お気付きの点があればお気軽にご指摘を…
    今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン