トルコ航空ターキッシュエアラインズB737-800ビジネスクラス (アテネ→イスタンブール)

2016年, '16 ギリシャ, '16 トルコ Add comments

トルコ航空ビジネスクラス

トルコ航空こと ターキッシュエアラインズ Turkish Airlines の搭乗記です。
ギリシャのアテネからトルコのイスタンブールまで、ナローボディ機であるB737-800のビジネスクラスで移動しました。

ギリシャでは10日間をかけてザキントス島やサントリーニ島の絶景巡りの後、アスティアパレス Astir Palace を再訪して アリオンリゾートアンドスパ Arion Resort & Spa に滞在しました。ホテルから空港までのタクシー代は35ユーロ、今回の旅行で5回も使った アテネ国際空港(ATH)にもすっかり慣れました。

Turkish Airlines

搭乗するのはアテネ22:25発、イスタンブール23:55着のTK1844便。
早めに着いたのでチェックインカウンターが開いた19:40にチェックイン。非シェンゲン圏行きの国際線が発着するAコンコースからの出発です。ビジネスクラスラウンジのクーポンを貰ったので Skyserv Aristotle Onassis Lounge にも立ち寄っています、ラウンジの様子は アテネ国際空港 国際線ラウンジ のページをご覧ください。

ギリシャ アテネ国際空港 ATH ラウンジ スターアライアンス プライオリティパス

ボーディングは予定より10分遅れの21:40に開始。
シップはB737-800型機で、下の写真はイスタンブール到着時のものです。

トルコ航空 B737-800

シートマップ

ターキッシュエアラインズのボーイング737シリーズはB737-700、B737-800、B737-900ERがあり、さらに738はV1、V2、V3でシートや席数が異なります。今回はハズレのV2で、IFEも無い機材ですがその分サービスに期待することにしましょう。ちなみにこの路線にはエアバスのA320やA321も入っています。

トルコ航空シートマップ

一方、ターキッシュエアラインズの長距離線ビジネスクラスはもちろんフルフラットシートです。
イスタンブールからバンコクまでのフライトでは素晴らしい空の旅を楽しむことができました、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)A330-300ビジネスクラス搭乗記 もご参考に!

シート

こちらが前方のビジネスクラス。
エコノミークラスと同様に片側3席ずつ並んでいますが、中央の1席は使用されず、ヨーロッパの近距離線ではお馴染みの運用ですね。

ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス

真ん中の席はただの空席になっている航空会社も多く…例えば今年取り上げたところだと スイスインターナショナルエアラインズのビジネスクラス などがその一つですが、トルコ航空では真ん中に小さなテーブルが設けられていました。

ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス搭乗記

自席からの眺め。
IFEの個人用画面こそありませんが機内は全体的に新しい印象です。

トルコ航空 ビジネスクラス

ウェルカムドリンクのサービス、トレーから選ばせてくれるのがトルコ航空ならでは。
22:20ドアクローズ、22:33に離陸しました。

トルコ航空 ビジネスクラス搭乗記

機内食

離陸してから15分で機内食がサーブされました。
近距離なのでメニューは1種類のみ、なかなかのボリュームです。

トルコ航空 機内食

前菜は左からボッコンチーニチーズとトマト、きゅうりとホースラディッシュソースに載せたマスの燻製、そしてオレンジ色のはレッドペッパーのハマス。これは Potpourri of Meze というお洒落な名前が付けられていました、メッゼはトルコ語で前菜です。メインはトルコ風の器に入ったビーフシチューのポテトグラタン。さらに小エビの入ったサラダとチーズの盛り合わせ、デザートも付いていてお腹いっぱい!

ターキッシュエアラインズ 機内食

機内誌

1時間30分のフライトなので食後少し時間がありました。
機内誌をパラパラと…

トルコ航空 ビジネスクラス

こちらがターキッシュエアラインズの路線図。
トルコの国内線はLCCも発展しています。例えばイスタンブールから各地へはアトラスジェット(アトラスグローバル)や、サビハ・ギョクチェン国際空港を使えばペガサス航空も格安です。

ターキッシュエアラインズ 路線図

目を惹いたのはアフリカ諸国への直行便やマニアックな以遠権路線。
スターアライアンスに加盟しているので特典航空券を活用して面白いルートを組めそうです。

トルコ航空 路線図

そうこうしているうちにイスタンブールの アタテュルク国際空港(IST)に到着、23:50ドアオープン。1時間30分ちょうどのフライトでした。搭乗した9月末はギリシャがサマータイム中のためトルコとの間に時差はありません。
ターミナルまではランプバスで移動しますが、先にビジネスクラスのパッセンジャーのみを乗せてバスを発車させるなどクラス分けもしっかりしている印象、3分でターミナルに到着しました。

既に夜遅いことと 翌日の朝便で北キプロストルコ共和国に飛んでしまう のでこの日は TAVエアポートホテルイスタンブール に宿泊。エアポートホテルの無料シャトルバスは24時間運行していますが電話で呼び出す必要があり、空港のインフォメーションで尋ねたら代わりに電話していただけました。後でトルコにも戻ってくる予定で、カッパドキアの熱気球ツアーが今回のハイライト。なお、トルコ航空の航空券には続きがあってバンコクまでのフライトを持っています。次の便は ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)A330-300ビジネスクラス搭乗記 をご覧ください。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン