シュテファン大聖堂 (オーストリア・ウィーン)

2018年, 2013年, 2012年以前, '13 オーストリア, オーストリア, '18 オーストリア Add comments

シュテファン大聖堂

Kitagawa@Viennaです。
オーストリアの首都ウィーンの中心部にあるシュテファン大聖堂にやってきました。
屋根のモザイクの模様が美しいですね!この聖堂を含むウィーンの歴史地区は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

シュテファン大聖堂
STEPHANSDOM (St. Stephen’s Cathedral)

【住所】 Stephansplatz, 1010 Wien, AUSTRIA
   地下鉄U-BahnのU1またはU3号線 シュテファンシュプラッツStephansplatz駅真上
【開館時間】 平日 7~22時 / 日曜・祝日 6~22時
【URL】 www.stephanskirche.at/ (日本語ページあり)

教会なので無料で入れますが、時間帯によってはミサが行なわれていますので、見学には配慮が必要です。塔に登ったり、ガイドツアーで内部を詳しく見学することも可能です。

ここをシュテファン寺院と呼ぶ方がいるようですが、カテドラルは寺院ではありませんので、本稿ではシュテファン大聖堂で統一させていただきます。

シュテファン大聖堂(2018年)

スイスからクロアチアに向かう際、オーストリア航空のフライト にてオーストリアでトランジット。ウィーンで一泊入れ、夕方少し時間があったのでシュテファン大聖堂の周辺にお散歩へ。町のど真ん中にあって建物に囲まれているので標準的なカメラでは全体を収められず、今回から超広角レンズを使っています。

St. Stephen's Cathedral

シュテファン大聖堂

いつ来てもどこかしら工事している気がしますが…やはり南側ファサードの修繕中。
それでもほぼ全貌を見上げることができ、精緻なモザイクの屋根や尖塔が夕陽に染まっていました。

STEPHANSDOM

シュテファン大聖堂

シュテファン寺院

大聖堂の周りには露店が出ていて賑やか。
昔ながらのメリーゴーランドも廻っていました。

オーストリア旅行記

メリーゴーランド

聖堂内の主祭壇は17世紀に作られたバロック様式の傑作。
そのライトアップが変わったようで、教会で青い照明とは珍しい。神々しさの中にどこかSFチックな印象も受ける、不思議なライティングに感じられました。

シュテファン寺院

シュテファン大聖堂

St. Stephen's Cathedral

真正面から撮った写真はあまり見ないのではないでしょうか?
ロマネスク様式の塔と教会で最古の巨大門。

St. Stephen's Cathedral

ウィーン観光

北側からも撮影。
すっかり日が暮れてきましたが、夜遅くまで治安の良いウィーン。もう少しカメラ片手に辺りを歩いてみました。

STEPHANSDOM

シュテファン寺院

シュテファン大聖堂(2013年)

ウィーンの中心部、繁華街のど真ん中にあるので、ここから観光を始めると良さそうです。教会の前のシュテファン広場は歩行者天国になっており、終日人の流れが絶えない賑やかな通りです。ここに立つと、ウィーンにやってきた!っていう実感が湧いてきます。周りにはオープンカフェも多く、観光にちょっと一息入れるにもおすすめです。

シュテファン大聖堂

さすがウィーンきっての観光名所、周りは観光客でごった返しています。ヨーロッパでは多くの教会が見所になっていますが、ここほど混み合う所は珍しく。さらに周りが建物に囲まれているので、シュテファン大聖堂を写真に収めるのは至難の業。前回より広角のレンズを持ってきたのですが、なかなか全景を撮らせてくれません。

シュテファン大聖堂 シュテファン寺院

建築は12世紀に始まったものの、残念ながら当時のものは現存しません。
西側の広場に面した入り口と、その左右に立つロマネスク様式の塔が、13世紀に造られた最古のものだそうです。

シュテファン大聖堂 シュテファン寺院

シュテファン大聖堂は外部の細かいゴシック様式の装飾が秀逸です。

シュテファン寺院

もしオペラグラスをお持ちなら、細部までじっくり楽しめます。

シュテファン大聖堂

今回は日曜日のミサの時間にもお邪魔してみました。ほとんど人で埋まっています。
シュテファン大聖堂には年間300万人が訪れるそうです。

シュテファン大聖堂 ミサ

ちょっと引くとこんな感じ。
観光客は邪魔にならないよう、ミサの時はフェンスの後ろから見学します。

シュテファン寺院 ミサ

夜も素敵ですよ、シュテファン大聖堂のライトアップです。

シュテファン大聖堂ライトアップ

最も印象に残ったのは、この美しいモザイクの屋根。なんと23万枚のタイルで作られているそうです。

塔は高さが136mあり、入場料を払って途中まで登ることができます。
ただし階段で!ということで、南塔には次回挑戦してみたいと思います。

シュテファン大聖堂(2009年)

ハンガリーのブダペストに滞在中のこと、隣国のオーストリアはウィーンに足を延ばしてみました。ブダペストからウィーンは高速列車RailJetで約3時間の距離、帰りはドナウ川を行く船でのんびり半日をかけて戻りました。
まず訪れたのはこちら、ウィーンの中心にあるシュテファン大聖堂です。

シュテファン大聖堂 シュテファン寺院

外部の大規模な工事を行なっており、ほとんどの部分がシートに隠れていたのが残念。しかも写真に納まらない…これは広角レンズが必要なくらいの大きさです。
ここはオーストリアを代表する音楽家モーツァルトが結婚式や葬儀を行なった場所としても有名です。

シュテファン大聖堂 シュテファン寺院

シュテファン大聖堂はウィーンの中心にあり、市内を観光の際は何度も前を通りました。
時間帯によっては空いていてじっくり見学できたり、または厳かなミサが行なわれていたりしますので、ぜひ一度ではなく二度三度と覗いてみてください。

更新履歴

2013年 5月14日 作成
2018年 8月21日 地図と写真15枚を追加

“シュテファン大聖堂 (オーストリア・ウィーン)”へのコメントが 2件あります

  1. 東人 Says:

    東京の日比谷公園で明日からオクトーバーフェスタが始まります。
    例年、東京では5月とか初夏に開催するので、本場バイエルンの裏プログラムということですね。
    ちょっと肌寒い陽気なので、オクトーバーに相応しいかもしれません。

  2. kitagawa Says:

    いつも情報ありがとうございます。
    いいですね~、オクトーバーフェスト。僕もすぐに駆けつけて乾杯したいくらい!

    こちらはちょうど今月はミュンヘンにおりますので、醸造所のビアホールにて楽しませていただこうと思います。
    ざっとWebサイトを拝見したところ、日比谷公園で飲める銘柄の中でお気に入りはPaulanerかな。行かれる方、おつまみにはヴァイスヴォースト(ミュンヘンの白ソーセージ)がおすすめです。

    後日、こちらミュンヘンからも写真をアップさせていただきます!

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン