ガーデンレジデンス@サロジン

2013年, '13 タイ Add comments

サロジン ガーデンレジデンス

Kitagawa@Thailand です。
カオラックにあるリゾートホテル「サロジン The Sarojin」のお部屋、ガーデンレジデンスを写真でご紹介します。

ガーデンレジデンス

ホテル全体については別ページで記事にしていますので、サロジンのページをご覧ください。
チェックインを担当した日本人ゲストリレーションの方がお部屋まで案内してくれました。

カオラック旅行記

カード式ではない鍵、渋いですね~。
最近は中国人マーケットに注力するホテルが多い中、ここは日本人ゲストを重要視しているようで嬉しい限りです。公式Webサイトの日本語情報も、なかなか充実しています。

ベッドルーム

ガーデンレジデンスの面積は95㎡。
サロジンではスタンダードなお部屋ですが、それでも一般的なホテルの2~3倍の広さがあり、さすがにゆとりがあります。

ガーデンレジデンス

空調も良好。
ベッドメイクも完璧ですね、リネン類も上質です。

サロジン

お庭に面して窓がフルハイトになっており、日中は室内がとても明るいです。
ドンディスのサインは、木の実をドアの前に置いてください…とのこと。

The Sarojin

テレビがちょっと小さいかな。
でもライブラリーが充実しているので、滞在中にDVDを借りて映画を見ました。DVDプレーヤーは頼めばお部屋まで持って来ていただけます。

カオラック ホテル サロジン

ワークデスクの横にセーフティボックス。
お部屋に着いた時には、既にアイスペールに氷が入っていました。この辺りの「ひと手間」が、高級ホテルと最高級ホテルの違いだと思います。

カオラック ホテル サロジン

ターンダウン後。

ガーデンレジデンス

少しカーテンを開けておけば、朝日で自然に目覚めることができます。
サロジンは朝食の時間に制約の無いホテルなので、時計なんて気にせずに心地よい目覚めを楽しみたいものです。

ミニバー

ドリンクは各2本ずつ。フリッジにはチーズまで用意されていました。

ミニバー

このホテル、家具のコンディションがいいなぁ。

サロジン

こちらはウェルカムアメニティです。

アメニティ

バスルーム

お部屋の奥に充分な広さのバスがあります。
石が敷かれていますが、屋内です。

バスルーム

ベイシン周り。ちょっと浅いかな。
頼めば貰えますが、ディスポの歯ブラシは置かれていません。

ダブルシンク

天井からの採光が良く、明るくて気持ちの良いバスです。

The Sarojin

バスタブには最初から葉っぱとお花が散らしてありました!
水圧も充分です。

サロジン ホテル宿泊記

ハンドシャワー、レインシャワーも併設されています。

サロジン

アメニティの中にはバスソルトもありました。

サロジン ホテル口コミ

外観

ガーデンレジデンスの正面。
一部屋ずつお庭からのアプローチになっています。

サロジン ガーデンレジデンス

サロジンでは1階がガーデンレジデンスとプールレジデンス、2階がサロジンスイートになっています。
お部屋の前には東屋があり、このスペースだけは喫煙OKとのこと。

東屋

非常にメンテナンスの行き届いたお部屋で、安心して滞在できるかと思います。今回は満室で泊まれませんでしたが、次回は是非サロジンスイートに滞在したいと思います。
ホテル全体については、サロジンのページをご覧ください。

“ガーデンレジデンス@サロジン”へのコメントが 4件あります

  1. takinomakoh Says:

    kitagawa様
    ご無沙汰しています。
    「サロジン」なんて素晴らしいリゾートなんでしょう!
    用意されているものの全てが、宿泊者の気持ちになって考えられている。
    これぞ☆5のホテルならではの、サービスですね!
    又、ここを選ばれた方のセンスの良さも伺えられます。
    これを見てLangkawiの、The Dataiに宿泊し、
    サービスの評価は最高のランクであったことを、思いだしました。
    これからも素晴らしい旅をされて、素敵なブログの更新を応援しております。
    takinomakohでした。

  2. ながろう Says:

    Kitagawa さま

    こんにちは!
    サロジン素敵なリゾートですね。
    以前雑誌で見ていいなぁと思っていたのですが
    情報が少なくて 宿泊を断念したリゾートでした。

    オープンからそれなりに時間が経っているのでしょうけど
    施設のコンディションがすごく良いですね!

    来年のGWの宿泊先候補にしたいと思います!

  3. kitagawa Says:

    takinomakohさん、お久しぶりです。
    タイは雨季が明け、いよいよ観光シーズンに突入です!

    カオラックは、夜遊びするところは全くありませんが(笑
    純粋に海と自然を楽しめますし、国際空港から1.5時間という距離を考えればなかなかの穴場かと思います。ダイビングができるシーズンなら、プーケットよりカオラックがおすすめです。

    そう言えばランカウイも同じアンダマン海でしたね。
    僕はマレーシアではKL滞在ばかりなので、いつかランカウイにも足を伸ばしてみたいです。

  4. kitagawa Says:

    ながろうさん、こんにちは。
    カオラックの地域性を考えれば、サロジンは貴重なリゾートだと思います。

    他のホテルと比べてレストランの選択肢の少なさやプールの規模の小ささなど、一見マイナスの要素がありましたが、サロジンのサービスが加わることでそれぞれプラスの評価に転じました。なるほど、常に満室なのも頷けます。

    ただ、ビーチフロントでありながらシービューでないのはちょっと残念。日程に余裕があれば他のリゾートと組み合わせて滞在するのが良さそうです。
    来年、カオラックからは JWマリオット・カオラック リゾート&スパをご紹介予定です。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン