マーライオン 2004~2016 (シンガポール)

'14 シンガポール, '16 シンガポール, '17 シンガポール, 2014年, 2016年, 2017年 Add comments

マーライオン

シンガポールきっての観光名所、マーライオン Merlion
彼が現在のマーライオン公園に移されて以来、マリーナベイ周辺は激変を遂げました。Kitagawaが撮りためた写真から、今も進化を続けるシンガポールの中心部をマーライオンの視線で遡ってみます。次は2017年秋にアップデート予定です。

マーライオン 2016年

1年前、ライトアップされたマーライオンを初めて撮影してみました。
夕方以降は毎日のように観光客でごった返すマーライオン公園では誰もがスマホを掲げて自撮りを楽しんでいました。

マーライオン 夜景

この日は満月。
真正面の アートサイエンス・ミュージアム ArtScience Museum に月が昇りました!

マーライオン 夜景

勢いよく水を吹くマーライオン、過去最高の水しぶき。
フォロワーさんが同じ時刻・同じ場所からツイートされていてビックリ(笑

シンガポール観光

下の写真では自動車道と並行して歩行者用の ジュビリー・ブリッジ Jubilee Bridge が開通しています。2015年にシンガポール独立50周年を記念して作られたもので、これでマリーナベイの北岸からのアクセスが格段に楽になりました。

マーライオン ライトアップ

フラトンホテルと金融街をバックに威厳を放つマーライオン。
あまりの人気に調子こいて最近少しドヤ顔に変わってませんかね?

マーライオン シンガポール

マーライオン 2014年

もう2年遡りましょう、今度は日中のマーライオンです。
Kitagawaのタイミングが悪いのか、来る度に水を吹く仕事をサボっていて面白くありません。この時も絶賛工事中で、当ブログの シンガポール旅行記 でも不満を垂れました。ツイッターが流行って「~なう」なんて表現がもてはやされた時期です。

シンガポール旅行記

マリーナベイサンズが開業してまもなく4年。
この頃から観光客が増えますが、まだ ジュビリー・ブリッジ Jubilee Bridge は存在しないので歩いて来ると一汗かきます。

マーライオン

解説のパネルは内容そのままですが新しいものに更新されました。

マーライオンとは

ミニマーライオンも水が抜かれていました。
昔より少し目つきが優しくなった気がするのは僕だけでしょうか?

ミニマーライオン

Ocean Financial Centre が建て替えられています。下の写真と2つ下の写真を見比べてみてください。

マーライオン

マーライオン 2009年

その5年前、シンガポールを目的地として滞在したため写真がしっかり残っている年です。
ようやく景気よく水を吹いているマーライオンを収めた一枚。当時は 世界三大がっかり名所 というレッテルも残っていました。

マーライオン

Merlion

こんなおバカな写真も撮ったようです。
自撮りが流行る前でインスタグラムも生まれていません。このように遊んでいると周りから笑われたものですが、振り返ると案外Kitagawaは流行の先を走っていたのかも?マリーナベイ南岸にビルを建てているのが見えますね、現在は高層ビルで埋め尽くされています。

シンガポール旅行記

こちらはミニマーライオン。
観覧車の シンガポール・フライヤー Singapore Flyer は開業して1年経っていますが、右手でようやくマリーナベイサンズの基礎工事が始まったところです。

ミニマーライオン

マーライオン 2004年

さらに5年前、Kitagawaの撮った写真で遡ることができる最も古い年代です。
というのも、マーライオンがこの場所にお引越しして来たのはこの2年前の2002年であり、それ以前は誰も見向きしない文字通りの がっかり名所 でした。桟橋ができて正面から写真を撮れるようになったのですが…全体的に汚れが激しく工事中でした。

マーライオン

マーライオンとは

Merlion

マーライオン公園の様子。
ワン・フラトン One Fullerton は既に開業していますが周りは閑散としており、タクシーで直接乗り付けました。

マーライオン公園

まだ柵が無かったのでミニマーライオンの方は「並んで写真を撮るためのマーライオン」といった存在でしたね。
海上ステージの The Float @ Marina Bay は2006年の着工なのでまだありません。

マーライオン公園

マーライオンが見つめるマリーナベイの対岸は…なんと森ですよ!
現在のド派手なベイフロントからは想像しがたい眺め、マリーナベイサンズは影も形もありません。

マーライオン シンガポール

当時の記念写真、表情が硬い。
家族旅行でなければ写真を残してはいかなったかも?シンガポールからモルディブへのトランジットでした。

シンガポール旅行記

最後は、当サイトに最初に掲載したシンガポールの写真で締めたいと思います。
実は当時の旅行記も残っているんですけどね~まさかこれほど長い間ブログを続けるとは思ってもみませんでした(笑

ミニマーライオン

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン