ル メリディアン ニューデリー (インド・デリー)

2017年, '17 インド Add comments

Le Méridien New Delhi ホテル宿泊記

インドの首都ニューデリーにある ル メリディアン ニューデリー Le Méridien New Delhi に宿泊しました。館内にいるとまったくインドを感じさせません、クラブラウンジのもてなしが手厚くビジネス客向けの高級ホテルです。

ル メリディアン ニューデリー
Le Méridien New Delhi

【住所】 Windsor Place, New Delhi, Delhi 110001 INDIA
【TEL】 +91   11 2371 0101
【FAX】 +91   11 2371 4545

ご予約

booking.com で 最新の口コミと料金をチェック!
   www.booking.com/hotel/in/le-ma-c-ridien-new-delhi.ja.html

事前決済でお得なアゴダ
   agoda予約: Le Méridien New Delhi

デリーではバンコクやシンガポールやニューヨークで泊まったことのあるメリディアンホテルに泊まりました。地図で見るとニューデリー中心部ながら、実際に来てみると周辺は緑が多くホテルやオフィスがまばらに建っている程度、観光客としては面白味のあるロケーションでは無いようです。

ル メリディアン ニューデリー

Le Méridien New Delhi

Le Méridien New Delhi

空港送迎

ホテルから空港までは2017年現在、タクシーで 700ルピー、ホテルのリムジンで 2,500ルピーでした。

市内観光

オールドデリーにある世界遺産レッドフォート(ラール・キラー)まではタクシーで 200~250ルピー、オートリクシャーで 100~120ルピーが目安とのこと。大渋滞で片道40分かかりました。

歩ける距離にメトロの Patel Chowk 駅がありますが、このエリアを徒歩で移動している人は皆無。経験にと一度だけ乗ってみた地下鉄も駅に停まる度に乗り降りする乗客で車内はもみくちゃになるので安全性・快適性を考えれば移動は車の一択になりましょう。ホテル前は下の写真の通り何も見当たらず、交通量が多いので道路の横断すら危険です。

ニューデリー

チェックイン

ロビーは天井が高く都会的なデザイン。光の模様は人を感知して揺れ動くようです。レセプションの手前にはSPGのメンバー用デスクも設けられており、座ってチェックインできました。(ベネフィットで選択できるローカルギフトはスカーフです)

ロビー

デリーの市内観光について尋ねると、地図くらいは用意してくれますがアドバイスは熱心ではありません。自分で調べるか予めデリー観光の車やガイドを手配しておいた方が良さそうです。両替は1回250ルピーの手数料がかかりますが、レートが良いので100ドル以上なら空港ではなくホテルの方がお得です。

Le Méridien New Delhi Hotel

レセプション

ゲストルームは回廊になっていて中央はどーんと吹き抜け!
カプセル型のシースルーエレベーターなど、昔よく泊まっていたシンガポールのパンパシを彷彿とさせます。

Le Méridien New Delhi

館内はインドっぽさを微塵も感じさせないほどスタイリッシュ。
お客さんもパリッとした服装の大人ばかりでした。

Le Méridien New Delhi

ル メリディアン ニューデリー

バー

クラブルーム Club Room

メリディアンニューデリーは20階建てのホテルで、18~20階がクラブフロア。リフトはキーカードでコントロールされておらず誰でも乗降できるようです。お部屋まで案内してもらい、その後スーツケースもすぐに届きました。

クラブルーム

Club Room

枕元のスイッチを押すと青かったヘッドボードの照明がオレンジに変わりました。

ベッド

ゲストルームの面積が小さめのホテルですが、クローゼットを省略し窓側にリラックスチェアを置くなどゆったり室内を使えるような工夫が見られました。ロビーの感じからもっと尖ったデザインで攻めて来るかと構えていたのですが、意外にも床や壁が木目で覆われており温かみを感じさせます。

Le Méridien New Delhi Hotel

ル メリディアン ニューデリー ホテル宿泊記

ル メリディアン ニューデリー ホテル宿泊記

ワークデスク

シンプルなデスク周り。
引出しの中には雑誌やステーショナリーが一通り揃っていました。

ワークデスク

Le Meridien

チェックイン後わざわざお部屋までウェルカムドリンクの希望を訊きに来てくれて、マサラティーをお願いしました。付いてきたクッキーが美味しい!軽く茶葉で香り付けされているようです。

ウェルカムドリンク

また、ホテルからリンゴとワインをいただきました。
プラチナ会員向けのアメニティでしょうか?スペインはラ・マンチャの赤でした。リンゴは他でも食べましたが日本のそれに比べるとパサパサした感じです。

プラチナアメニティ

ミニバー

ミニバー

フリッジ

バスルーム

ルメリディアンニューデリーはスイート以外にバスタブが設置されておらずシャワーのみ。
バスアメニティは Sea Salt や Sea Marine と言ったら spa のラインですが、どういう訳か H2O+ のロゴが見当たらず…よく似ていますがオリジナルとは異なる気がします。

バスルーム

バスルーム

お部屋からの眺め

ニューデリー観光

ニューデリー 夜景

クラブラウンジ

最上階、20階にはクラブラウンジがあって、これがまるで宙に浮いているようで恐ろしい…
視覚的に不安を覚える作りです(汗

Club Lounge

クラブラウンジ

チェックイン・チェックアウトの機能はありませんが、スタッフが常駐しています。
午後はアフタヌーンティ、夕方はカクテルアワーを実施。また朝食はインド料理を食べてみたかったのでロビー横のレストランを利用しましたが、ラウンジだとシャンパンブレックファストを楽しめるそうです。

カクテルアワー

夜は賑わいますね、カクテルアワーのおつまみは夕食に代えても良いほどの内容でした。
ここはサービスもぐいぐい来ます、お酒もどんどん出てきます!良くしてもらったら心付けで応えたいですね、翌日はすっ飛んできて顔と名前とよく飲むスピリッツを一発で覚えてもらえました(笑

カクテルアワー

メリディアンホテル クラブラウンジ

残念ながらワインにインドのものは無くインポートのみで、インド産ワイン SULA は インディラガンディー空港のビジネスクラスラウンジ でようやく見つけていただきました。ローカルビールについては複数の銘柄があり、下の写真はインドで定番の キングフィッシャー KingFisher です。

Kingfisher Beer

朝食

朝食は午前6時~10時半、週末は~11時。
地上階にあるレストラン「The One」は終始ガチャガチャしており大いに騒々しいのですが、あれこれインド料理を食べられるのでラウンジではなくこちらを選んで食事をいただきました。メリディアンらしく Eye Openers も置いています。

レストラン

インド料理

エッグステーションでは卵料理だけでなくワッフルやパンケーキ、マサラドーサなどを作ってもらえます。
インド旅行中に ITC Rajputana, a Luxury Collection Hotel, Jaipur で初めて食べた マサラドーサ Masala Dosa がお気に入り。これは小麦粉を薄く延ばして焼いた生地にターメリックとつぶしたジャガイモを入れたもので、お好みでソースを付けていただきます。

朝食

マサラドーサ Masala Dosa

ここはノンベジも置いてありチキンカレーが美味しい。
白くて丸い イドゥリ idli はどこで食べてもモサモサした食感で好きになれませんでしたが、これを揚げたものはまるで和食のような風味になることを発見しました。

朝食

プール

ジムやプールは4階に。
向かいに Shangri-La's Eros Hotel, New Delhi が見えました。

プール

Shangri-La's Eros Hotel, New Delhi

感想

ルメリディアンニューデリーは設備とサービスが国際水準にあり商用なら安心して泊まれる高級ホテルと言えそうです。クラブフロアに泊まれば充実したラウンジのカクテルアワーも楽しめます。ただし周りに見どころは無く館内にもインドっぽさがほとんど無いので、観光だと敢えてメリディアンを選択する理由は乏しいかもしれません。スイートを除くとバスタブが無いのも残念ですね。デリーでは今後もう少し他のホテルも泊まってみようと思います。ハイシーズンの到着一週間前にキャンセル可能レートでの予約で、宿泊費は1泊当たり 16,416ルピー、28,890円でした。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン