プライベート機でラスベガスへ、ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート Henderson Executive Airport

2015年, 2013年, '13 アメリカ合衆国, '15 アメリカ合衆国 Add comments

ラスベガス ヘンダーソン空港 HND

Kitagawa@U.S.A.です。今日はラスベガスにあるヘンダーソン空港をご紹介します。
ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート Henderson Executive Airport は、主にチャーター機や自家用機が利用する飛行場。飛行機を借りてラスベガスへ、なんてセレブ気分を味わってみてはいかがでしょうか?

ラスベガスにはいくつか空港があり、一番大きいのはエアラインの定期便が就航するマッカラン国際空港(LAS)ですが、ここは発着数が多く管制塔との交信も大変なので、プライベート機はラスベガスの南方に位置するヘンダーソン空港(HND)の利用が手軽です。

ラスベガス ヘンダーソン空港 HND

夕方のラスベガス、目の前にあるのがヘンダーソン空港です。
遠方に見えているのはラスベガスの中心部、ストリップと呼ばれるカジノ街です。

チャーター機でラスベガスへ

今回はKitagawa自ら飛行機を飛ばしてきました☆
ちょうどサンセットの時間のランディングとなり、良い雰囲気ですね~

ラスベガス・ヘンダーソン空港

そうそう、ラスベガスでは着陸すると「Follow Me(着いて来い)」と書かれた車が出てきて誘導してくれると聞いていましたが、噂は本当でした!荷物をこの車に載せて、ターミナルまで送っていただけます。

ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート
Henderson Executive Airport

1階には受付やレンタカーのカウンター、2階にはカフェもあります。
お水やコーヒーは無料でいただけますよ。

ラスベガス・ヘンダーソン空港

ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポートのロビーと外観。
ここからストリップまでは、タクシーだと40 USDくらいで行けると思います。

ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート

ヘンダーソン空港の利用にあたっては、僅かな駐機料が必要となるのみで予約などは不要です。
近くまで飛んできたら、管制塔を呼んで着陸許可をもらうだけ。降りたら、どの辺に停めれば良いかタワーかグランドが無線で教えてくれます。

ヘンダーソン空港

出発の際も、チェックインカウンターやセキュリティチェックは一切ありません。
受付で駐機料を払って、そのままランプに出てテイクオフ!自分が飛行機に乗り込んだ時がBoarding Timeであり、飛びたくなった時がDeperture Timeなんです。

自家用機とリムジンでセレブ気分♪

ちなみにホテルでヘンダーソン空港までリムジンを頼むと、ちゃんと「プライベート機でお越しですか、テールナンバーは?」と聞いてくれます。さすがラスベガスですね(笑
もちろんシップにロングストレッチリムジンを横付けにしてもOKですよ~

ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート

ワンポイント・アドバイス

すぐ北はマッカラン空港のClass B空域なので、うっかり入らないように細心の注意が必要です。もし自分で飛んでくるなら、ヘンダーソン空港のWEBからトラパタの資料をダウンロードして目を通しておくと安心です。
今回は念のため、Class B空域に入ってもいいように先にLas Vegas Approachにつないでから降りています。無線を聞いていると、カリフォルニアから飛んでくる人はだいたいジーン空港(0L7)の上辺りで無線を入れてくるようです。

ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート
Henderson Executive Airport

【URL】 www.hnd.aero/
【住所】 3500 Executive Terminal Drive, Henderson, NV 89052 U.S.A.

周波数は Tower 125.1、Ground 127.8、ATIS 120.775 です。(2015年10月現在)

ヘンダーソン空港 Henderson Executive Airport

プライベートジェットならマッカランにも着陸可能!

ところで、ラスベガスで一番大きなマッカラン国際空港にプライベート機は降りられないのでしょうか?
実はこれが着陸可能だったりするんです。とにかく忙しい空港なので、足が速い飛行機が必要ですが…

マッカラン国際空港プライベートジェットターミナル

ビジネスジェットが並び、まるで映画の世界ですね~
実はKitagawa、こちらも利用させていただいたことがありますので、そのうちマッカラン国際空港のプライベートジェットターミナルについてもご紹介したいと思います。

個人的な意見としては、わざわざ着陸料が高くて混みあうマッカランに降りるより、少し遠くても空いているヘンダーソンに降りて、ゆっくり地上をロングストレッチリムジンで移動された方が贅沢だと思います。

更新履歴

2013年 4月02日 作成
2015年 10月09日 見出しと地図を追加

“プライベート機でラスベガスへ、ヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポート Henderson Executive Airport”へのコメントが 4件あります

  1. ヒナ Says:

    KITAGAWA様

    えーっと、凡人の私にはビックリな感じで、コメントが失礼過ぎたらごめんなさい。

    KITAGAWA様がとうとう飛行機を御自分で飛ばされたのでしょうか⁉

    だとしたら日本でいうところの素晴らしい年度始めですね!

    なんだか素敵過ぎでクラクラしてしまいますね。

  2. 東人 Says:

    いわゆるアメリカ~ンな雰囲気ですね。
    サングラスが必需品な予感がします(^^)

  3. kitagawa Says:

    ヒナさん、こんにちは。
    いつもコメントありがとうございます。

    ご報告が遅れましたが、この春無事にPrivate Pilotのライセンスを取得することができました。
    ちゃんとした免許証が手元に届いたら、また改めてblogの記事にしたいと思います。

    折を見て、フライトや空港の情報もアップできればと考えています。
    今後とも、よろしくお願いします。

  4. kitagawa Says:

    確かにアメリカ的ですよね、日本にはないオープンな雰囲気。
    大きな駐車場って感じで、あっけないくらい簡単に発着出来ちゃいます。

    日中はサングラスも必需品ですが、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまい、
    パンダみたいになってしまいました。(笑

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン