エグゼクティブスイート@フォーポイント バイシェラトン バンコク

2013年, '13 タイ Add comments

フォーポインツ バイシェラトン バンコク スクンビット15

Kitagawa@Bangkokです。
この夏タイで滞在の フォーポイント バイシェラトン・バンコク スクンビット Four Points by Sheraton Bangkok, Sukhumvit 15 をご紹介します。このホテルは便利で、近年はウェスティンよりこちらに泊まる機会が多く。今回はエグゼクティブスイートルームに宿泊しました。

フォーポイント バイシェラトン・バンコク スクンビット15

フォーポインツはシェラトンの廉価版ブランドで、北米を中心にアジアでもオープンが相次いでおり、ここフォーポイントバンコクスクンビットは2010年末の開業です。
出来てからは定期的にこのブログでもご紹介していますので、概要はフォーポイント・バンコクスクンビット ホテル宿泊記をご覧ください。

立地としてはバンコクの地下鉄MRTや高架鉄道BTSの駅があるアソーク交差点に近く、観光にもビジネスにも使いやすいと思います。周辺にはシェラトングランデスクンヴィットや ウェスティングランデスクンヴィットバンコク もあり、スターウッドのメンバーには宿泊先の選択肢が多いエリアですね。バンコク市内のスターウッド系ホテルはすべてブログ上でご紹介済です。

フォーポイント バイシェラトン バンコク

個人的には、直前でも予約が入ることと、駐車しやすいパーキングを気に入っています。基本的に僕は東京・名古屋・バンコク・ロサンゼルスでは車でしか移動せず、外を歩いたり公共交通機関を利用することは皆無なので、この4都市では駐車場や車寄せのセキュリティやコンディションを重要視しています。

レセプションは地階にあり、エレベーターの乗換えなしにお部屋まで行けるので、頻繁な出入りにもストレスがありません。すぐ傍にあるウェスティンも良いホテルではありますが、駐車場がロビンソンデパートと併用であったり、エレベーターの乗換えがロビーで必要など、意外に時間のロスが大きいのです。

フロアマップ

ゲストルームは268室。
スタンダードなお部屋は32~38㎡で、コンフォートルームと名付けられています。お部屋の様子は以前記事にしていますので、フォーポインツバンコクスクンヴィットのコンフォートルームのページをご覧ください。

フロアマップ

スタジオタイプのジュニアスイートは48~56㎡、スイート仕様となるテラススイートは64~72㎡の広さがあります。
今回は最も室内床面積の広いエグゼクティブスイートに滞在しました。

エグゼクティブスイート

フォーポイントバイシェラトンバンコクのエグゼクティブスイートルーム、広さは74㎡です。
ソファはたっぷりとした大きさで、広々としたリビングルームには来客用のお手洗いもあります。実際、滞在中に来客がありましたが、数名が訪ねてきても充分な余裕があります。

フォーポイント バイシェラトン バンコク スクンビット15

窓はフルハイトで、日中の採光も良好。
ウェルカムアメニティとして今回もクッキーをいただきました。フォーポインツはいつもクッキーをくれますね。

フォーポイント バイシェラトン バンコク スクンヴィット15

この数年でフリッジの中身がどんどん減って、随分と貧弱なミニバーになってしまいました。
ルームサービスは24時間対応なので困ることはありません。

フォーポイント バイシェラトン バンコク スクンビット15

お部屋の角にライティングデスクがあり、奥にベッドルームが続きます。

エグゼクティブスイート@フォーポイント バイシェラトン バンコク

こちらのお部屋にもテレビとDVDプレーヤーがあります。

エグゼクティブスイート

バスルームの手前にはラゲージラックとクローゼット。
バスローブにスリッパ、アイロンとアイロン台、セーフティボックスが用意されています。

バスルーム

シンプルで機能的なバス。
ベイシンはダブルになっていました。

フォーポイント バイシェラトン バンコク

バスタブはジャクージの機能付き。壁面にはテレビも。
嬉しいことにビューバスになっていますが、眺望の楽しめる立地ではありません。

フォーポインツ バイシェラトン バンコク スクンヴィット15

フォーポインツとしてはアメニティが充実しています。
北米のフォーポインツと言えば壁に取付けられたポンプ式のソープですからね…

フォーポインツ バイシェラトン バンコク

そうそう、壁にポストイットが貼ってありました。
これを屋上にあるバー「amBar」に持っていきますと…

amBar アンバー

カクテルをいただけました♪

amBar アンバー

ここはお食事もいただくことが可能です。

BeerVault ビアボールト

またSPGのプラチナメンバーの場合、地階にあるBeerVaultにてハッピーアワーのサービスを楽しめます。

BeerVault ビアボールト

午後5時半~7時半の間、プラチナベネフィットとしてビールやカクテルを無料でオーダーできます。
サラダやポップコーンなどのスナックもセルフサービスでいただけて、なかなかお得なサービスです。

感想

バンコクにあるスターウッド系ホテルの中ではコスパに優れたホテルです。ブランドとしてはフォーポインツですが、北米のシェラトンを遥かに上回るファシリティで、さすがアジアといった感じです。全室にバスタブがあるのも良いですね。
全体的な質感はそれほど高くないものの、必要なものはすべて揃っていますし、スタッフのホスピタリティも高く、安心して泊まれるホテルだと思います。個人的には夕方のハッピーアワーは嬉しいサービスで、ついついここを選んでしまうのです。(笑

フォーポインツ バイシェラトン・バンコク スクンヴィット15
Four Points by Sheraton Bangkok, Sukhumvit 15

【住所】 4, Soi 15, Sukhumvit Road, Bangkok 10110 THAILAND
     タイ王国バンコク、スクンヴィット通りソイ15
【TEL】 +66  2 309 3000

“エグゼクティブスイート@フォーポイント バイシェラトン バンコク”へのコメントが 2件あります

  1. 東人 Says:

    Four PointやDouble Treeは30代に人気がありますね。
    自分の30代の友人も、KLのDouble Treeが定宿とのことです。
    コンサバな奴なんで理由を聞いたら、「KL支店に近いから」とのお答え。
    東横インでも文句言わなそうな、安上がりな奴なんで、大好きです(笑)

  2. kitagawa Says:

    東人さん、こんばんは。
    バンコクはホテルが多いのに、どういう訳かかなり高くなってしまい、
    気軽に高級ホテル…という訳にもいかなくなってしまいました。
    FPは立地や内容の割に経済的です。
    久しぶりに東京のホテル巡りもしたいと思っている今日この頃です。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン