ウォルトディズニーワールドリゾートの「エプコット」で夢の旅行を体験! (フロリダ)

2015年, '15 アメリカ合衆国 Add comments

ウォルトディズニーワールドリゾート EPCOT エプコット

北米はフロリダにあるウォルトディズニーワールドリゾートに遊びに行ってきました。とにかく広くて4つのパークすべてを回るのは不可能なので、まずは物珍しい エプコット EPCOT を訪れました。テーマは人類のテクノロジーと世界旅行で、Mission: SPACE や Soarin’ というアトラクションが凄い!宙を飛んでいる感覚です。

エプコット EPCOT

ウォルトディズニーワールドリゾート Walt Disney World Resort はフロリダの オーランド Orlando (マイアミの北240マイル)にあります。敷地内には4つのディズニーパーク、2つのディズニーウォーターパーク、6つのゴルフコース、9つのディズニーホテルなどがあり面積は110ヘクタール、マンハッタン島の2倍に相当するそうです。

エプコット EPCOT

まるで高速のランプのような入口、スケールでかっ!
宿泊先のホテル シェラトン・ヴィスタナリゾートヴィラ,レイクブエナヴィスタ からシャトルバスも出ていますが車で来てしまいました。レンタカーは楽ですね、ルートや位置関係については フロリダ半島ドライブ旅行 のページをご覧ください。

エプコット EPCOT

こちらがウォルトディズニーワールドリゾートの入場券にあたる マジック・ユア・ウェイ・ベース・チケット Magic Your Way Base Ticket です。1~7日券があり、1日につき1つのテーマパークに入れます。

エプコット EPCOT ウォルトディズニーワールドリゾート

2015年1月現在の料金表。
たとえテーマパークでも急いで回るのは性に合わないのでこの日はエプコットのみ。大人1人1日 94 USD (税別)でした。40 USD の追加でパークホッパーのオプションを付けると4大パークに出入り自由となります。

ウォルトディズニーワールドリゾート 料金表

フロリダは避寒地とあって冬でも半袖で過ごせますが、ここオーランドは内陸。曇っていると肌寒くこの日は上着が必要でした。それでも日中はハーフパンツで歩いている人がいるなど割と温暖です。

ファストパス Fast Pass

効率的にアトラクションを巡るなら活用が欠かせないファストパス。システムは東京やカリフォルニアと同じで専用キオスクで予約します。こういうの苦手なんですが、絶対乗りたいSoarin’を入れて最もスムーズに遊べる組合わせをキャストさんが探してくれました。

ファストパス Fast Pass

エプコットのコンセプトやアトラクションはディズニー公式サイトの日本語ページをご覧ください。
disneyparks.disney.go.com/jp/disneyworld/destinations/epcot/

フューチャー・ワールド Future World

乗り物系アトラクションの集まる「フューチャーワールド」のテーマは近未来と科学技術で、テクノロジーを感じさせるデザインや演出となっています。ディズニーにしては教育色が強く、ファンタジーが控えめなのも特徴。それほどアトラクションの数は多くないので空いていれば1日で一回りできそうです。

ウォルトディズニーワールドリゾート EPCOT エプコット

ミッション:スペース Mission: SPACE

最初に入ったのは「ミッションスペース」、火星への宇宙旅行を体験できるというアトラクションです。
4人1組でミッションを遂行するストーリーで、コックピットの光るボタンを押す必要あり。まぁ押し間違ってもストーリーは進行しますが、英語のアナウンスも聞き逃しなく!身長制限は112cm以上です。

エプコット EPCOT ウォルトディズニーワールドリゾート

ここは2つのコースが選べて、強烈な重力のかかる「オレンジ」とほとんどかからない「グリーン」があるのですが…オレンジは予想をはるかに超えるGの強さです、ディズニー本気!ヤバい吐くところだった。
米航空宇宙局NASAケネディ宇宙センターのスペースシャトル発射体験アトラクションが生易しく思えるほどで、さすが火星行きは別格ですね(笑

ミッション:スペース

Mission: SPACE

もう一度言います、オレンジは遠慮なしに強烈なGがかかるのと想像以上にシートが狭いので、これは経験者のレビューを読んでからコースを決めた方が良さそう。他の方も書いているように僕も乗った後しばらくフラフラで歩けなくなるほど、もし次があるならグリーンにします。

テスト・トラック Test Track

ゼネラルモーターズ提供のテストトラック、身長制限102cm以上です。
ディズニーとしては最速・最長を誇るアトラクションで、近年リニューアルされており外観・内装ともにスタイリッシュでクールになりました!僕らはスグ入れましたが並ぶこと必至のアトラクションで、中でも割と時間がかかるのでここは余裕をみておいた方が良いかも。

フロリダ旅行記

待っている途中のキオスクで車のカスタマイズができます。どうやら、自分だけのカスタムカーに乗り込んでその性能をテストしてみよう、という演出のようですね。時間が短くて僕のはへんてこりんなデザインの車になっちゃいましたが、特にライドとは連携していないようです(笑

Walt Disney World Resort

テストコースは全長1.6kmもあり、最高速度105km、ハイライトは50度のバンク!
待ち時間に対して走行はアッと言う間ですが、オープンカーなので想像以上のスピード感と壮快感を味わえますよ。降りた後はシボレーの展示コーナーもあって特に車好きの方は楽しめるのではないでしょうか。

テストトラック

スペースシップ・アース Spaceship Earth

エプコットのシンボルともいえる巨大なトゲトゲの玉の中に詰まっているアトラクション。
石器時代から現代のITまで、人類のコミュニケーションの歴史を巡ってみよう、という趣旨ののんびりした16分間のライドです。

Walt Disney World Resort

質問にタッチパネルで答えながら進みます、日本語もあり。
ここは回転が早いので空き時間に覗いてみてはいかがでしょうか?決してエキサイティングではありませんが当初のエプコットのコンセプトが色濃く残っています。あの球体の中にこんなコースをよく作ったなぁと感心してしまいました。

ソアリン Soarin'

身長制限102cm以上。
ハンググライダーで空を飛びまわって名所を覗いてみよう、というアトラクションで、目の前いっぱいに広がるスクリーンと宙に浮かぶ足ブラのシート、風の演出で本当に空を飛んでいるかのような体験ができます。これは言葉で説明するのが難しいので、ぜひ実際に行って乗ってみてください!

ソアリン Soarin'

ゴールデンゲートブリッジなどを巡るカリフォルニア版を楽しみましたが、このプログラムは2016年1月3日で終了しました。2016年夏には世界旅行バージョンとして再開が予定されています。
眺めるだけなのでストーリーに山場はありませんが、Kitagawaは一番のお気に入りアトラクション。カリフォルニアのディズニーにもありますし、近場ではこれのパクリが中国のテーマパーク 世界の窓 にも設置されています(笑

ザ・シーズ・ウィズ・ニモ&フレンズ The Seas with Nemo & Friends

貝殻に乗ってニモを探しに出掛けよう!という「シーズウィズニモ&フレンズ」はスローライドのアトラクション。子供向けかと思いきやなかなか凝っていて、僕は割とこういうの好きです。キャラクターも数多く出てくるのでディズニーファンには嬉しいアトラクションですね。

The Seas with Nemo & Friends

ここは後半に併設されている水族館が見応えあり。
ダイバーが大好きな(といっても強い毒があります)ミノカサゴが優雅に泳ぐ姿が印象的でした。

ミノカサゴ

リビング・ウィズ・ザ・ランド Living with the Land

最後に(本当に最後に乗りました)ザ・ランドです。
ボートに乗って実験農場を見学するというスローライドでアナウンスは英語です。教育色が強くて地味な内容ですが、これもエプコットらしさを今に留める貴重なアトラクション。コースの所々に隠れているミッキーが見るものを和ませてくれます。

ウォルトディズニーワールドリゾート

ワールド・ショーケース World Showcase

エプコットで広大な面積を占めているのがパークの奥に広がるワールドショーケース。ラグーンの周りに各国のパビリオンが点在しています。こちらはアトラクションというよりレストランやショップが中心といった感じです。

ワールドショーケース World Showcase

ラグーンに向かって時計回りに メキシコ館、ノルウェー館、中国館、ドイツ館、イタリア館、アメリカ館、日本館、モロッコ館、フランス館、イギリス館、カナダ館の順。当ブログの読者様は旅好きの方が多いので見ただけでどこのパビリオンかすぐに分かるハズ。

日本館 Japan

我らが日本館は、鳥居に五重塔と絵に描いたような光景が広がっていました。

日本館

ウォルトディズニーワールドリゾート EPCOT エプコット

タイミングよく和太鼓のパフォーマンス。
英語でアナウンスをしていましたが、演者の方も皆さん日本人でしたよ。

ウォルトディズニーワールドリゾート

東京食堂 Tokyo Dining

ここ日本館には三越提供のレストラン「東京ダイニング」があってランチにしました。
スタッフの皆さんも日本人でびっくり!こんなに美しい日本語を聴くのは何か月ぶりでしょうか、嬉しいですね。

ディズニー レストラン

お昼のセット。ボリュームたっぷりでお味も◎でした。

三越 レストラン

という訳で、フロリダはウォルトディズニーワールドリゾートにあるエプコットでした。
パークは他にもあって、マジックキングダム、ディズニーアニマルキングダム、ディズニーハリウッドスタジオの3つが特に人気。オーランドには他にもユニバーサルオーランドリゾートやシーワールドアドベンチャーパークオーランドなどテーマパークが目白押しです。フロリダには今後も来ることがありますので、次回は別のスポットに訪れてみたいと思います。

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン