ドミニカ共和国プンタカナ行きアメリカン航空B757搭乗記

2017年, '17 アメリカ合衆国, '17 ドミニカ共和国 Add comments

ドミニカ共和国プンタカナ行きアメリカン航空 搭乗記

カリブ海のドミニカ共和国へアメリカン航空を利用しました。
アメリカン航空はマイアミからドミニカ共和国の4都市に直行便を飛ばしており、海の美しい プンタカナ Punta Cana へもスムーズに行くことができます。

近年はカリブの島々を順番に巡っていますが、アンティル諸島の中でも2番目に大きな イスパニョーラ島 に上陸したことが無かったのでマイアミから足を延ばしてみることに。イスパニョーラ島の西側はハイチ、東側がドミニカ共和国となっており、治安を考えればどちらも積極的に行きたくなるような国ではありませんが…地図を見ていたら ドミニカ共和国の東端にあるプンタカナ周辺はオールインクルーシブのホテルが点在するビーチリゾートとして開発されている ことを知り、直行便も就航しているので目的地に選んでみました。周辺の島、プエルトリコやジャマイカは既に訪問済みで、今年はケイマン諸島にもダイビングに行きます。

予約

単純往復の航空券なので American Airlines の公式サイトから予約します。
MIA-PUJ はトリプルデイリーで飛んでおり、以下のようなフライトが出てきました。AAはダイヤの調整が多く季節によってもスケジュールが変わります。

MIA-PUJ

航空運賃の安さもプンタカナを選んだ理由の一つで、ひとり当たり往復 36,700円で買えました。
マイアミからドミニカ共和国への直行便は他にも首都 サントドミンゴ Santo Domingo や北岸の町 プエルトプラタ Puerto Plata などに就航しています。

マイアミ空港 アドミラルズクラブ

カリブ旅行では定番の マイアミ国際空港(MIA)から出発。
今年はマイアミを軸に大西洋~カリブの未訪問国5か国を2か月かけて回っており、7回もMIAを利用しました。他の国の旅行記も追ってブログへ掲載します。

マイアミ空港 アドミラルズクラブ

アメリカン航空はワンワールドアライアンスなのでラウンジが使えることと、多めに荷物を積めるのも地味に助かります。搭乗はDタミから。

プンタカナ行き飛行機

アメリカン航空ボーイング757エコノミークラス
 American Airlines B757 Economy Class

ナローボディ機のB757で、AAでは定番のシップの一つ。
機内でPCを使いたかったのでピッチが広めのエマージェンシーシートを指定してみました。

American Airlines B757

エコノミークラスでは国際線でも機内食が出ず、例のスナックとソーダが配られる程度です。

アメリカン航空エコノミークラス機内食

2時間30分のフライト、プンタカナには定刻より早く到着しました。
ドミニカ共和国は大西洋標準時 AST でサマータイム無し、日本との時差は13時間遅れです。

ドミニカ共和国プンタカナ行きアメリカン航空 搭乗記

まれに入国で揉めるバックパッカーさんがいる印象のドミニカ共和国ですが、一番乗りで着いた入国審査ではなんと日本語で挨拶されてアッと言う間に通過できました。ターミナルを出たらちょうど夜の9時、到着日は空港から近い フォーポインツバイシェラトン プンタカナビレッジ Four Points by Sheraton Puntacana Village に泊まりました。空港送迎が24時間いつでも無料のホテルで、旅の起点としてオススメです。

ドミニカ共和国ビザ情報

日本人はビザ不要です。
なお、国籍によってはビザ不要でも Tourist Card と呼ばれる入国税(10 USD)が必要となります、詳しくは ドミニカ共和国ビザ公式情報 をご覧ください。

ドミニカ共和国 プンタカナ国際空港
 Punta Cana Airport

帰りも プンタカナ空港(PUJ)から出国。
お天気もビーチも素晴らしく大満足のバカンスになりました。滞在した ウェスティンプンタカナリゾート&クラブ Westin Puntacana Resort & Club に車を手配してもらい空港へ。

Punta Cana Airport (PUJ)

リノベーションされたターミナルはモダンな作り、カフェも営業しており食事をいただきました。
往路と同じくボーイング757エコノミークラスです。

アメリカン航空757エコノミークラス

離陸後は緑に埋もれたエアポートを左手に見ながら旋回し、アメリカに向かいます。
初めてドミニカ共和国に来ましたが物価の安さと手つかずの自然が良いですね!現地人の度を越したノンビリ具合には呆れてしまいますが、観光客の少なさと静けさを気に入ったのでまたバカンスに来るつもり、次回はオールインクルーシブのホテルに泊まってみたいと思います。

ドミニカ共和国プンタカナ空港

復路のフライトは2時間42分。
枕やブランケットどころか個人用モニターすら無いシートですが、アメリカではバス代わりの飛行機なので慣れてしまえばなんてことはありません。今年はアメリカン航空に14便続けて乗りました。一度だけオーランド発ニューヨーク行きの国内線が遅れたものの、ショートホールはおおむね定刻通り飛んでくれるので疲れも無くサクサク移動できました。

アメリカン航空 ボーイング757

無事マイアミに帰って来ました!
続いて中米で2つ残っている未訪問国、ベリーズとグアテマラに向かいます。

アメリカン航空 ボーイング757

そうそう、このアメリカン航空のプンタカナ線でスーツケースの車輪が一つ無くなってしまいました。
マイアミのバゲージクレームで相談したところダラスに送って修理に3週間~かかると言われたので北米での対処は諦め、壊れたリモワはとりあえず シェラトンマイアミエアポートホテル&エグゼクティブミーティングセンター Sheraton Miami Airport Hotel & Executive Meeting Center に預かってもらうことに。帰国後に日本のアメリカン航空でスーツケース修理となります。

リモワ

コメントを書込む

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン